ネットワーク

ネットワーク、Wi-Fiの最新規格第6世代「Wi-Fi6」!




Wi-Fi規格は世代を追うごとに通信速度が高速化しています。理論上の最大通信速度ではWi-Fi5が6.93Gbps、Wi-Fi6が9.6Gbpsとなっており、さらに複数の端末が同時に接続した時でも安定した通信が可能になっています。

規格名と通信速度

世代通称規格名最大通信速度周波数帯策定年
第6世代Wi-Fi6IEEE 9.6Gbps2.4GHz/5Ghz2020年
第5世代Wi-Fi5IEEE 802.11ac6.93Gbps5GHz2014年
第4世代Wi-Fi4IEEE 802.11n600Mbps2.4GHz/5Ghz2009年
第3世代 IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz2003年
第2世代 IEEE 802.11b11Mbps2.4GHz1999年
第2世代 IEEE 802.11a54Mbps5GHz1999年
第1世代 IEEE 802.112Mbps2.4GHz1997年

一般的にWi-Fi規格の呼称は「IEEE 802.11」の末尾に小文字のアルファベットを付けるのが慣例となっており、2020年に策定された新規格も「IEEE 802.11ax」と言う正式名称がついています。

しかし、「11n」「11ac」「11ax」といった名称は利用者にとって、どちらが新しい規格なのかを判断しにくいので、「Wi-Fi6」という呼称を定めました。Wi-Fiの第6世代という意味です。この決定に合わせて過去の規格名にも世代名がつくようになりました。

Wi-Fiルーターの「トライバンド」とはどんな仕組み!

トライバンドとは、Wi-Fiルーターで利用できる電波を3つ設けることで、数多くの機器を同時に接続しても、通信速度が低下し ...

続きを見る

ネットワーク、「Wi-Fi6」の実体は「11ax」!

数年前から次世代のWi-Fi規格として準備されていた「IEEE802.11ax」が最新規格「Wi-Fi6」の実体です。一 ...

続きを見る

ネットワーク、有線LANのメリットとデメリット!

LANケーブルによる接続は、Wi-Fiとは異なり電波を使わないので近くのルーターやノイズによる電波干渉を受けないために、 ...

続きを見る










-ネットワーク
-,