ネットワーク

ネットワーク、「Wi-Fi6」の実体は「11ax」!




数年前から次世代のWi-Fi規格として準備されていた「IEEE802.11ax」が最新規格「Wi-Fi6」の実体です。一番の特徴は実測で1.5Gbps近くのスピードが出るので、環境によっては有線LANよりも速いこともあります。

過去の規格との互換性

現在一番広く使われている「IEEE802.11ac」(Wi-Fi5)の後継規格で過去の規格との互換性は保たれています。ただし、互換性は保たれますが実際の速度は低い方の規格に合わせることとなり、同じ規格同士の接続時のみ最新速度が保証されています。

この規格の特徴は、「Wi-Fi5」から帯域幅やデータ変調方式などを拡張して高速化を実現していますし、5GHz帯だけでなく2.4GHz帯も利用していることです。

「Wi-Fi6」には互換性のプログラムがあり、対応製品にはそのロゴが付与されていますのでそのロゴを目安にして製品を選ぶと良いでしょう。

暗号化方式「WPA3」

「Wi-Fi6」の認証を得るには、新しい暗号化規格「WPA3」に対応することが必要です。「WPA3」は「WPA2」の後継規格で脆弱性を解消しセキュリティを強化しています。

この暗号化規格は従来の「WPA2」と使い方と同じで、暗号キーを設定して子機と接続しますし「WPA2」との互換モードも用意されています。

長距離に弱いデメリット

また、高速を売りものにする「Wi-Fi6」ですが多少の弱点もあります。帯域幅を広げると現在の日本の法律ではアンテナあたりの出力が下がってしまうので長距離には弱くなります。極端な例では「Wi-Fi5」よりも遅くなることがあります。そのようなときには帯域幅を80MHzに設定すると良いでしょう

Network、接続しているWi-Fiのパスワードを調べるには!

WindowsPCでWi-Fiを自動接続に設定していると、接続時にパスワードの入力が不要になり便利なのですが、時間が経つ ...

続きを見る

登録した番号の機器しか接続できないルーターを使う!

パソコンやスマホ・タブレット等ネットワーク通信機能を持つ端末には、必ずMACアドレスと言う番号が割り当てられており、同じ ...

続きを見る

ネットワーク、クライアントとサーバの違いはどんなこと!

ネットワークにおいて、サービスを要求する側となるコンピュータを「クライアント」と呼び、サービスを提供する側のコンピュータ ...

続きを見る

ロジクール ワイヤレスキーボード 無線 キーボード 薄型 小型 K380BL Bluetooth K380 ワイヤレス マルチOS: Windows Mac iOS Android Chrome






-ネットワーク
-,

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る