ネットワーク

ネットワーク、クライアントとサーバの違いはどんなこと!




ネットワークにおいて、サービスを要求する側となるコンピュータを「クライアント」と呼び、サービスを提供する側のコンピュータを「サーバ」と呼びます。この区別はコンピュータの役割を表現するのに使う言葉です。

「サーバ」とは「給仕人」という意味で案内をしたりメニューを持ってきてくれたりする役割で「クライアント」は「依頼人」という意味で様々な要求をする人の事を指します。当然ですがネットワークでも主人公は「クライアント」なのです。

ピアーツウピアー

コンピューターが5~6台の小規模なLANでは「サーバ」として専用のコンピューターを設置する事は珍しく、Peer-to-Peer型のネットワークになります。そのために、クライアント同士がお互いのファイルやプリンターといった資源を共有し合う関係になります。

そのために、それぞれのコンピューターは同じ権限を持っているので、所属するネットワークからの切断あるいは追加などは自由に行うことが可能です。

クライアントサーバ

それとは対象的なネットワークが「クライアントサーバ」型で、1台のサーバで同一ネットワーク内のコンピューターの管理を行います。その為に、各コンピューターが「サーバ」上にあるファイルやプリンターなどの利用を依頼して必要なサービスを受けることになります。

サンシェード 車 遮光 遮熱 自動伸縮 自動折畳 プライバシーを保護する 車 サンシェード

少々面倒な感じがしますが、ある程度規模の大きなネットワークでは一括管理のメリットが出てきますし、セキュリティ上でとても有効です。勝手にコンピューターが増えることはありませんので、好ましくない利用者に制限をかけたり、ネットワークへの参加を拒否することも出来ます。

ネットワークスキャナー「Advanced IP Scanner」!

ネットワークにどの様な機器が接続しているかを調べるには、ネットワークスキャナーを利用するととても便利です。特に各機器に割 ...

続きを見る

スマホ、ネットワーク設定のリセットとWPS簡単接続!

おはようございます。今日はスマホのネットワーク設定のリセットとWPSでの簡単設定についてメモしています。 ティファール ...

続きを見る

スマホ、ネットワークスキャナー「Fing」アプリを使ってみる!

おはようございます。今日は「Fing」というアプリについてメモしています。今回の使用目的はインターネットのルートを調べる ...

続きを見る







-ネットワーク
-, ,

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る