ネットワーク

登録した番号の機器しか接続できないルーターを使う!




パソコンやスマホ・タブレット等ネットワーク通信機能を持つ端末には、必ずMACアドレスと言う番号が割り当てられており、同じ番号を持つ機器は一つもありません。

MACアドレス(Media Access Control Address)

MACアドレスとはネットワーク機器ごとに割り当てられた48bitの固有番号で、先頭24bitが製造元の識別番号で後半24bitが自社製品ごとの固有番号となり、両者が組み合わさることによって世界で唯一つしかないことが保証されます。

MACアドレスフィルタリング

この番号はネットワーク上の端末の判別に使われていおり、現在各家庭や会社で使用しているほとんどのルーターには「MACアドレス」を登録し、登録した「MACアドレス」を持つ端末だけしか接続を許可しない、MACアドレスフィルタリング機能があります。

レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入

それぞれ確認できたMACアドレスを各ルーターのフィルタリングリストに登録して、「MACアドレスフィルタリング」機能を有効にして設定をするとリストにない端末はこのルーターに接続することが出来なくなります。

Windows10で確認

Windows10では「設定」--->「ネットワークとインターネット」--->「ネットワークのプロパティを表示」--->「物理アドレス(MAC)」から確認できます。

Androidで確認

Androidでは、メーカーによって多少違いはありますが「設定」--->「システム」--->「端末情報」--->「端末の状態」で「Wi-Fi:MACアドレス」で確認できます。

iphoneで確認

iphoneでは、「設定」--->「一般」--->「情報」で「Wi-Fiアドレス」と表示される番号がMACアドレスとなります。

Google Pixel3、「設定」アプリで出来ることⅠ!

Googleアカウントに2段階認証を設定する 2段階認証とは、ログインを2段階にしてセキュリティを強化する認証方法です。 ...

続きを見る

スマホ、シニアが今更人に聞けないWi-Fi用語!

おはようございます。日曜日の午前中は一面の銀世界。今年初めて除雪作業に必要な道具を買いに出かけました。少しでも軽い道具を ...

続きを見る










-ネットワーク
-,

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る