ネットワーク

ネットワーク、有線LANのメリットとデメリット!




LANケーブルによる接続は、Wi-Fiとは異なり電波を使わないので近くのルーターやノイズによる電波干渉を受けないために、すでに10Gbpsの規格が実用化されています。そのために高速な通信環境を実現することが簡単に出来ます。

有線LANのメリット

速度比較の一例ですが、同じネット回線を有線、Wi-Fiで接続したときの回線速度ですが送信についてはあまり差は出ませんが、受信に関しては明らかに有線の方が高速です。さらにセキュリティ上のリスクがとても低くなります。

有線  受信有線  送信Wi-Fi  受信Wi-Fi  送信
   1回目   635.1   178.9   147.9   195.5
   2回目   487.4   174.1   174.3   197,9
   3回目   647.4   182.4   188.5   205.7
   平 均   589.9   178.4   170.2   199.7

また接続設定はとても簡単で、パソコンとルーターを接続ケーブルでつなぐだけで使用可能になりIPアドレスなどはルーター任せで十分です。

有線LANのデメリット

有線LANのデメリットはケーブルの取り回しが煩わしいのが一番です。さらに2階や3階へのケーブル配線もなかなか難しい状態になります。さらに最近増えてきていスマホやタブレットでのネット接続が難しいのが最大のデメリットになっています。

ただし、最近のルーターは有線・Wi-Fiが共に使用できるものがほとんどですのでメインのパソコンは有線、スマホやタブレットなどはWi-Fiでネット接続するのが一番便利です。

ナナカマド
スマホ、シニアはWi-Fiの速度と範囲を気にする!

3G/4G(LTE)とWi-Fiの通信速度と範囲。
それぞれの通信速度や伝送範囲はどれくらい差があるのでしょうか。箇条書きにまとめてみました。

続きを見る

無線LAN=Wi-Fiではなかった!

今日も午前中に15℃を超え、本格的な春に向けて一歩前進ですね。いつも使っている言葉の中にも、その違いの判らないものが沢山 ...

続きを見る

【Amazon限定ブランド】プリマソーレ(primasole) ヨガマット 収納ケース付き フィットネス ピラティス










-ネットワーク
-,

© 2021 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る