ウインドウズ

Windows、タスクバーの検索ボックスを使わないときは!




Windows10の初期設定では、さまざまな情報をすぐに検索できるようにタスクバーに検索ボックスが用意されていますが、あまり利用しないなら削除したりアイコン表示にしたり設定を変更することが可能です。

検索ボックスを隠す

まず、タスクバーを右クリックして「検索」→「表示しない」にチェックを入れると「検索ボックス」が非表示になります。これで、タスクバーから検索ボックスが消えます。

アイコン表示にする

タスクバーに大きく表示されている検索ボックスが少しだけ邪魔に感じるときは、アイコン表示に変更しましょう。このアイコンをクリックすると検索ボックスが表示されます。

まず、タスクバーを右クリックして「検索」→「検索アイコンを表示」をクリック。これでタスクバーに虫眼鏡型の検索アイコンが表示されます。

Windows、タスクビューの履歴を隠すには!

複数の人が同じパソコンを使用する環境では、他の人にあまり作業の履歴を知られたくはありません。作業履歴を他人に知られたくな ...

続きを見る

Windows、画面をスクリーンショット(撮影)して活用するには!

パソコンやアプリの操作方法を伝える時には、パソコンの画面を撮影して説明するのが一番わかりやすくて便利です。今回は「切り取 ...

続きを見る

Windows、トラブル時に役立つ操作支援ツール「クイックアシスト」!

Windows10の「クイックアシスト」はインターネットを介した操作支援ツールで、支援を提供する側と支援を受ける側の両方 ...

続きを見る

GUM(ガム) デンタルフロス ワックス40M 歯間クリーナー [ふくらむタイプ] 3個パック+おまけつき










-ウインドウズ
-,

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る