ウインドウズ

Windows、画面をスクリーンショット(撮影)して活用するには!




パソコンやアプリの操作方法を伝える時には、パソコンの画面を撮影して説明するのが一番わかりやすくて便利です。今回は「切り取り&スケッチ」アプリを使った方法を説明しています。

このアプリを使用すると、ディスクトップ全体やアプリのウインドウ、さらに領域を指定してスクリーンショットを撮影することができます。

撮影方法の選択

まず、スタートメニューから「切り取り&スケッチ」アプリを起動して「新規」をクリックします。これでディスクトップの上部に撮影用のアイコンが表示されますので、その中から撮影方法を選択します。

手書きメモの追加

撮影したスクリーンショットには、手書きメモを追加することが可能です。その方法は、画面上部のアイコンでペンの種類やサイズ、色を選択してスタイラスペンやマウスでスクリーンショット上に手書きすることができます。

素早く全画面撮影

ディスクトップに表示されている全画面を素早くスクリーンショットで撮影するのなら、「タスクバー」にある「Windows Inkワークスペース」アイコンをクリック。表示された「全画面表示の領域切り取り」をクリックします。これで、全画面の撮影が可能です。

なお、「Windows Inkワークスペース」アイコンがタスクバーに表示されていない場合は、タスクバーを右クリックして表示するようにしましょう。

ここで撮影された全画面は「切り取り&スケッチ」アプリで表示されますので、手書きメモを追加したり自由に切り取りをするなどの作業が簡単にできるようになります。

Windows、デスクトップにメモを表示するには!

「付箋」アプリを使うことで、デスクトップ上に小さなウインドウでメモを表示することが可能になっていますので、是非活用して見 ...

続きを見る

Windows、スクリーンキーボードを利用する!

おはようございます。今日は「スクリーンキーボード」アプリについてメモしていますので、数ある機能のひとつとして覚えておきま ...

続きを見る

イワタニ フッ素加工 たこ焼きプレート CB-P-TAF 黒






-ウインドウズ
-,

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る