ウインドウズ

Word&Excelの「先行指定」操作とは!




WordやExcelは、「操作したい対象」(文字列、オブジェクト、セルなど)を「先行指定」(選択)してから目的となる操作設定を行うのが基本になっています。

目的の操作対象は「先行指定」

「先行指定」(選択)後は基本的には「リボンコマンド」で操作設定を行うのですが、選択後の「右クリック」から実行することも可能になっています。

例えばWordの文字列を選択して右クリックすれば、「ミニツールバー」に「フォントの種類」「フォントサイズ」「ルビ」「太字/斜体/下線」などのコマンドが表示されるので、ここで設定することが可能です。

「Shift」+カーソルキーで簡単範囲指定

Wordの文字列やExcelのセルの選択は、マウスでドラッグしても出来ますが「Shift」+カーソルキーで選択することが可能です。

Wordの文字列であれば、始点にカーソルを合わせたあと、「Shift」+「→」キーで範囲指定をすることが出来ます。

Rockyu ジュエリー ブレスレット 高級PU メンズ ゴールド 二連 プレート 2連 メンズブレスレット カジュアル

またExcelのセル範囲を選択したい場合も同様に、始点のセルから「Shift」+「→」キーや「Shift」+「↓」キーを入力することで範囲選択を行えます。

Word、文章の「校正」はWord機能を活用!

本来Wordには「文章校正」機能が備わっています。この機能を利用して文章を書き終えたあとには「校閲」するという習慣をつけ ...

続きを見る

Excel、ショートカットキーで素早く関数を入力する!

エクセルを使っていると、多くの場面で関数を使用する機会が増えてきます。その時に関数を素早く入力するには、ショートカットキ ...

続きを見る

Windows、ファイルコピーの素早く簡単な方法!

ショートカットキーによる、「コピー」(「Ctrl」+「C」)は確実で簡単なのでとても便利なのですが、貼り付け(ペースト) ...

続きを見る










-ウインドウズ
-, ,

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る