ウインドウズ

USBメモリーの内部に隠しドライブを作る!

2019年5月17日




とても持ち運びに便利なUSBメモリーですが、使用後の紛失には十分に気をつけましょう。個人情報や重要データが入っている事が多いので便利なのですが取扱には十分に注意しましょう。

メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ ショート 50g 1 イワシ JPS-50

今回は、フリーソフト「ロホスミニドライブ」を活用して、USBメモリーの一部の領域を暗号化した隠しドライブに設定します。ここは存在自体も知られることがありません。

この隠しドライブはパスワードを知らなければドライブ自体が出現しないので、このUSBメモリーが他人の手に渡った場合でも隠したファイルを見られる心配がありません。

Rohos ミニドライブ

まずここから「ロホスミニドライブ」をダウンロード・インストールします。隠しドライブを作成するには、解除用のパスワードを作り「ディスクの作成」を押して実行すれば即座に作成されます。

ここで隠しドライブを開く際には、このソフトをインストールしたパソコンと別のパソコンで操作が異なります。まず、前者はエクスプローラでUSBドライブを表示して「Rohos mini」を起動してパスワードを入力すると開けます。

また、別のパソコンで開くには「Rohos Mini Drive(携帯用)」を使い専用のブラウザーを使って中身を表示します。

このソフトは日本語にも対応しており、暗号化やパーティション作成の操作が非常に簡単に行えるように工夫されていますので誰にでも使えるようになっています。







-ウインドウズ
-, , ,

Copyright© 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る , 2019 All Rights Reserved.