ウインドウズ

Windows、ファイルの拡張子を表示する方法と表示形式!




「拡張子」とは、ファイルの種類を判別するための文字列のことです。各ファイルの末尾に「.
(ピリオド)+半角英数字」の形式で付けられています。例えばテキストファイルなら「.txt」エクセルファイルなら「.xlsx」のように表示されます。

拡張子を表示する設定

Windows10の初期状態では拡張子が非表示になっているので、拡張子を表示できるように設定してファイルの種類を識別しやすくします。

まず、エクスプローラのリボンから「表示」タブを開き、「ファイルの拡張子」にチェックをつけるだけで完了します。こらで通常はファイル名だけが表示されていたものが、ファイル名の末尾に「.txt」のように拡張子が付きます。

表示形式の選択

エクスプローラの「表示」タブでは、ファイルの表示形式を8種類から選択することが出来ます。
その種類は「特大アイコン」「大アイコン」「中アイコン」「少アイコン」「一覧」「詳細」となっており、「表示」タブを開くと出てきます。

画像や動画、PDFやOfficeなどのファイルはサムネイルが見やすい「大アイコン」がおすすめ。また「詳細」にするとファイル名の右側に作成日時、種類、サイズなどが一覧表示される。上部にある項目名をクリックすると、その条件で昇順/降順で並べ替えが可能です。

Windows、既定のアプリを変更する2つの方法!

おはようございます。初雪が遅れに遅れ、小さな庭には紅葉した落ち葉が一面絨毯の様に敷き詰められています。今日はWindow ...

続きを見る

Windows、シニアも可能な表示形式の変更!

おはようございます。30℃には到達しませんが、真夏の日々が復活しています。いつもの8月がどうであったか、すぐには思い出せ ...

続きを見る

サケ釣り海岸
Windows、フォルダー内のファイルが見える!

フォルダー内のファイルが見える。
エクスプローラーでは、フォルダーの中に保存するファイルの種類によって、表示形式を切り替える事が出来ます。文書、画像、音楽など、種類に応じて適した形式で表示しましょう。

続きを見る










-ウインドウズ
-, ,

© 2021 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る