エクセル

Excel、シリアル値とはどんなもの?




エクセルでは、日付や時刻のデータを「シリアル値」という連続した数値で管理しています。「シリアル値」はその整数部分を日付に、小数部分を時刻に割り当てて日時を表します。

日付の「シリアル値」

日付の「シリアル値」では、「1900/1/1」を1として、1日経過するごとに1を加えた数値になります。

これで、最大で「9999/12/31」(2958465)までの数値を扱うことができます。「2019/6/24」のシリアル値は「」になります。

時刻の「シリアル値」

時刻の「シリアル値」は「0時」を0、「24時」を1として、24時間を0~1の間の少数で管理しています。

例えば、「6時」は24時の4分の1なので0.25、「18時」は0.75となります。なお、24.00.00になると1になり日付が繰り上がり時刻は「0.00.00」になります。

シリアル値を使う最大のメリットは、ある日付の「1日前」「1日後」の計算をとても簡単に行うことが可能になったことです。

Excel、誕生日から年齢を表示する関数を覚える!

生年月日から年齢を求めたり入社日から勤続年数を求めたりするときなど、開始日と終了日の2つの間の期間を求めるには、DATE ...

続きを見る

エクセル、消費税の税込み計算はROUNDDOWN関数で!

おはようございます。今日はエクセルで消費税の税込み計算をする時に計算結果を切り捨てにして表示するROUNDDOWN関数に ...

続きを見る

【Fire, Fire HD 8, Fire HD 10対応】Samsung microSDカード32GB EVOPlus Class10 UHS-I対応 Nintendo Switch 動作確認済 海外リテール MB-MC32G










-エクセル
-,

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る