ウインドウズ

Windows、インターネット経由でWindows10PCを遠隔操作する「クイックアシスト」!




Windows10にはパソコンをインターネット経由で遠隔操作できる「クイックアシスト」機能を標準で備えています。遠隔操作には「画面だけを見る」と「すべての操作が行える」という2つのモードがあります。

この機能を有効に活用する代表的な例は、PCの初心者にインターネット経由で操作方法を教える場合に大いに活用できるでしょう。以前の投稿でも紹介したのですが、改めてメモしています。

操作方法

まず2台のPCがWindows10PCであることを確認します。Windowsアクセサリに入っている「クイックアシスト」を起動します。この時には教える側と教えてもらう側が同時に「クイックアシスト」を起動した状態にする必要があります。

教える側の操作

教える側は、クイックアシストを起動して「他のユーザーを支援する」を押します。マイクロソフトアカウントでサインインすると6桁のセキュリティコードが表示されますので電話などで相手に伝えます。

さらに、相手のパソコンの制御方法のどちらかを選択して続行を押します。この状態で相手が許可をするまでしばらく待ちます。

教えてもらう側の操作

教えてもらう側は、クイックアシストを起動して相手から知らされた6桁のセキュリティコードを「支援を受ける」の入力欄に入力し、「画面の共有」をクリックします。ここで相手が遠隔操作の方法を選択するまでしばらく待ちます。

「画面を共有する」と表示されたら、相手の権限を確認して「許可」を押せば準備完了となります。これで教える側が同じ画面を見ることが出来てモードの選択で「完全に制御」を選択していると、遠隔操作が可能になります。

この機能の最低条件は2台のPCのOSはWindows10であることと、共にマイクロソフトアカウントでログインしている事を忘れないようにしましょう。後は使用しながら操作方法を覚えて行きましょう。当然のことですがインターネットに接続していなければ利用することはできません。

Windows、トラブル時に役立つ操作支援ツール「クイックアシスト」!

Windows10の「クイックアシスト」はインターネットを介した操作支援ツールで、支援を提供する側と支援を受ける側の両方 ...

続きを見る










-ウインドウズ
-,