ウインドウズ

Windows、ファイルは消してもデータは残っている!




パソコンを譲渡したり廃棄する際には、誰もが個人データを削除している事と思います。ただしファイルを削除してゴミ箱を空にするだけではその個人データを完全に消えてしまう訳ではありません。この程度の方法では、フリーのファイル復元ソフトを使えば消えたはずのファイルが復元されてしまいます。

データの痕跡を完全に消す

現在のWindows10パソコンのNTFS形式では、ボリュームの先頭にMFT(マスターファイルテーブル)という特殊な隠しファイルを置きフォルダーやファイルを管理しています。そのためにこの隠しファイルを削除しない限り対象の実体ファイルは残ってしまいます。

特に個人データの塊となっている外付けHDDのデータを完全に抹消したいときには、エクスプローラーを開き目的のHDDをクリックして「フォーマット」を選択して「クイックフォーマット」のチェックを外して「開始」を押します。

この「フォーマット」作業により、各データに「0」で上書きが行われてデータが書き換えられますので以前のデータが存在しなくなります。この方式を「ゼロファイル」といい復元はほぼ不可能になってしまいます。

ここでの一番の注意点は「クイックフォーマット」ではなく、通常の「フォーマット」を実行してデータに「0」を上書きすることです。最低でもここまでの作業はしておきたいものです。

Windows、ドライブを圧縮して容量を増やす!

おはようございます。今日はWindowsのドライブを圧縮して容量を増やす方法をメモしていますが、ご自分の使い勝手に合わな ...

続きを見る

ウインドウズ、標準機能でシステム全体をバックアップ!

おはようございます。今日はWindowsの標準機能でシステム全体の「システムイメージ」をバックアップする方法をメモしてい ...

続きを見る

Windows、フォーマットとファイルシステムを知る!

フォーマットとは。
「フォーマット」とはデータをすべて削除して、OSがファイルを管理できるようにするための基本情報を書き込む作業をいう。ディスクを初期化する時には「フォーマット」をする必要があります。

続きを見る










-ウインドウズ
-,