スマホ

スマホ、Windows10でiphoneとの連携機能!

2019年3月26日




おはようございます。今日はアンドロイドスマホではなくiphoneとWindows10PCとの連携設定についてメモしていますので、該当する方は覚えておきましょう。マイクロソフトアカウントは必ず必要です。

iphoneでは、ブラウザアプリ「エッジ」を利用してスマホで閲覧しているWebページをパソコン上でリアルタイムに転送することが出来ます。

まずその方法は、Windows10PCの「設定」ーーーー>「電話」を開き「スマートフォンの追加」をクリックします。次に手持ちのiphoneの電話番号を入力して「送信」をクリックします。

その後、手持ちのiphoneにメッセージが届くので、記載されているURLをタップすると、「エッジ」アプリのダウンロード画面が開くので、インストールします。

iphoneと「エッジ」ブラウザの連携
インストールされた「エッジ」ブラウザを起動して、メニューから「サインイン」をタップして「マイクロソフトアカウント」でサインインします。

iphoneの「エッジ」でWebページを閲覧している時に、続きをWindows10PCで見たくなった場合はiphone画面下の転送アイコンタップして連携しているPC名を選択します。

あとは、起動しているWindows10PC上で「エッジ」ブラウザが自動的に起動し、該当するウインドウページが表示されるようになります。

また、iphneとWindows10PCを連携することで、「エッジ」ブラウザのお気に入りや閲覧履歴、リーディングリスト等も共有することが可能になっています。アンドロイドスマホの場合は「マイクロソフトランチャー」アプリのダウンロードからの設定でした。

ドライブレコーダー 前後カメラ 32GB SDカード付き 1080PフルHD 1800万画素 永久保証 3インチ LED赤線ライト 170°広視野角 SONYセンサー/レンズ 常時録画 G-sensor WDR

ただ、iphoneでは「エッジ」アプリのダウンロードから始まりますので覚えておきましょう。
今日も一日楽しく過せます様に・・・







-スマホ
-, , , ,

Copyright© 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る , 2019 All Rights Reserved.