HTML&CSS

「HTML」の基本を学ぶ、ディレクトリとパス!

2019年7月5日




Webページ間をつないだり、画像を配置するには、Webサイトの「ディレクトリ構造」とファイルの場所を表す「パス」の書き方を覚えることが大事です。

ディレクトリ

「ディレクトリ」というのは、パソコン用語で言えば「フォルダ」のことです。例えば「フォルダ」の内部をまた幾つかの「フォルダ」で分類することがあるのではないでしょうか。それはこのWebサイトも同じことです。

Webサイトもパソコンと同じ様に階層化して作成されています。特に一番上の階層をルートディレクトリと呼び、この階層にある「index.html」の内容がWebサイトのトップページとして表示されます。

もし、トップページに「index.html」がなければ、Webサイトが表示されることはありませんので必ず「index.html」を配置するようにしましょう。

パス

パスには2種類の指定方法があり、外部サイトを指す時は「絶対パス」で、サイト内のリンクを指す時は「相対パス」を使います。

絶対パス

URLのように「http://」(または「https://」)から始まる指定方式を「絶対パス」といい、主に自分のWebサイト以外にリンクを貼る時に使用します。

HTMLでリンクをはる時は<a>タグを使用するのですが、hrefという属性の値として絶対パスを書くことになります。

相対パス

相対パスは、リンクを書くページを基準にして、対象となるファイルの場所を相対的に指定する方法で、同じWebサイト内にリンクを貼る時に使用します。これには記事IDを用いられます。

単純に「絶対パス」と「相対パス」の違いを表すと、「絶対パス」は郵便はがきに住所を書いてポストに投函しますが、近くまで来ていて目的地を尋ねる時は現在地からの行き方教えてもらいますので、そのような違いでしょう。

「HTML」の基本を学ぶ、代表的な要素を知る!

基本情報を示す要素 head要素の中に入れる文書の基本情報を示す要素のひとつは、meta要素です。meta要素は属性次第 ...

続きを見る

「HTML」の基本を学ぶ、タグの基本的な書き方!

HTMLを書く上で、タグと属性についてしっかりと覚えておくことが必要ですので、確実に学んでゆきましょう。 フォームローラ ...

続きを見る







-HTML&CSS
-, ,

Copyright© 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る , 2020 All Rights Reserved.