LINE

スマホ、「LINE」どれだけ話しても無料の音声通話!

投稿日:2017年10月24日 更新日:

おはようございます。台風の余波が全道を覆い尽くし、昨日は一日中雨が降り続いていました。時折ミゾレもまじり季節の変わり目を感じています。外出ができない状況でしたので、取り組んだことは「Windows 10 Fall Creators Update」2台のPCに無事インストールが完了しました。今日は「LINE」の無料通話についてメモしています。

「LINE」シニアにも可能な無料音声・ビデオ通話
「LINE」の魅力はテキストやスタンプを使ったトークだけではありません。音声の無料通話やビデオ通話もたのしめます。異なるキャリア同士や、相手が海外にいる場合でも、「LINE」ユーザー同士であればいくら話してもタダです。

LINEのアイコン

特に通話料を抑えたいシニアには最適でしょう。スピーカーに切り替えれば通話しながらトーク画面を操作することも可能ですし、スタンプを送ることも出来ます。ただ通話料金はかかりませんが、データ通信が行われている点には注意しましょう。データ定額プランに加入しているか、常時Wi-Fi環境下にあるときには、とても有効活用が出来ます。

音声通話表示画面 ここで無料通話をタップする

その方法ですが、メイン画面で「友だち」をタップ、無料通話をしたい相手をタップします。友達の詳細画面が表示されたら、無料通話をタップします。相手が応答すれば通話が始まりますが、「スピーカー」アイコンをタップするとハンズフリー通話になり、通話を終了する時は「電話アイコン」をタップします。

また、スマホを操作中に音声通話を受けることも可能で、表示された音声通話の着信画面から、緑の電話ボタンをタップすると通話を開始し、赤の電話ボタンをタップするとキャンセルできます。この他にロック画面でも音声通話を受けることも出来ますし、グループでの音声・ビデオ通話も出来るようになっていますので、大いに活用しましょう。
今日も一日楽しく過せます様に・・・

世界一やさしい LINE 最新版 (インプレスムック)

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-LINE
-, ,

関連記事

スマホ、シニアは「LINE」でブロックされているか気になる!

自分がブロックされているか確かめたい。
基本的には確実にわかる方法はありませんが、推測する方法はあります。例えばメッセージを送ってもずっと既読にならない。そんな場合はもしかするとブロックされているかもしれません。推測する方法はいくつか有りますが、相手が持っていないような希少なスタンプをプレゼントしてみるのも一つの方法です。

no image

スマホ、シニアがLINEで守るべき5つの設定!

守るべき5つの設定。
初期設定時のアドレス帳送信はしない
「友だち自動追加」をオフ
「友だちへの追加を許可」は絶対にオフ
IDを設定している場合は「IDの検索を許可」をオフ
知らない人からのメッセージは「ブロック」

スマホ、シニアもLINEの非表示、ブロック、削除の違いを知る!

LINEの非表示、ブロック、削除の違い。
誰しも、トーク内容があまりしっくり来なかったりすると、連絡を取りたいとは思わなくなるのではないでしょうか。そのような時には何らかの方法で対処したいとおもうようになりますが。そのような時の為に、「非表示」「ブロック」「削除」の違いをしっかりと覚えておきましょう。

ナナカマドの実

スマホ、「LINE Keep」のファイルをパソコンに保存!

「LINE Keep」のファイルをパソコンに保存。
スマホの定番アプリ「LINE」の「Keep」には幾つものファイルが保存されていると思いますが、スマホ自体に大量に保存すると、端末の容量が不足してきます。そのような時には「Keep」の保存ファイルをパソコンにダウンロードしておくと便利です

LINE、シニアも「イベント」機能を上手に活用しよう!

おはようございます。とても多くの人が使用しているLINEですが、なかには、全ての連絡事項と予定の管理をLINEでしている方もいるようです。今日はLINEの「イベント」機能についてメモしています。