ワード

Word、タブを使って位置を揃える!




設定では、タブ位置は4文字間隔で設定されます。しかし、タブの前にある文字が4文字を超えると、タブ位置が8文字間隔、12文字間隔などで設定されます。

タブの位置

このような時には、各行のタブの後ろの項目が揃いませんので、ルーラー上でタブ位置を直接設定すると揃えることができます。

項目の左端を揃える

段落に「左揃えタブ」を挿入します。段落を選択して表示しているルーラー上をクリックします。こらで、左揃えタブが挿入されて、文字の先頭がタブ位置に揃います。

項目を揃える位置の変更

タブを設定している段落を選択します。変更したい位置までタグマーカーを移動します。これで変更が可能になります。

「・・・」付きのタブを挿入

タブを設定する段落を選択します。ルーラー上のタブマーカーをダブルクリックして、「タブとリーダー」の画面を表示します。ここで、リーダーをクリックして「オン」をクリックします。
これで、「・・・」付きのタブが挿入されます。

Word、段落の活用「インデント」とはどんな働き!

「インデント」とは入力位置の端から文字の位置の間隔のことで、一般には「字下げ」と呼ばれます。ここでは「インデント」「ぶら ...

続きを見る

シニアにもわかる、ワードの書式って何のこと?

おはようございます。台風が近づき激しい雨が降り続いています。今日はワードを使用すると必ず必要になる「書式設定」についてメ ...

続きを見る

ロジクール ワイヤレスキーボード 無線 キーボード 薄型 小型 K380BL Bluetooth K380 ワイヤレス マルチOS: Windows Mac iOS Android Chrome






-ワード
-,

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る