ワード

Word、シニアにもわかるよく使う記号の入力方法!




おはようございます。文字入力の基本とも言えるキーボードでの入力ですが、シニアにはなかなかハードルが高い操作です。どのキーを使うのか悩みが尽きませんが、せめてここまでは覚えておきましょう。今日は「Shift」キーを使った入力についてメモしています。

ここでは、文書入力中によく使う記号の入力方法を簡単に解説しています。特にキーの上部に表示されている記号は、「Shift」を押しながらキーを押すことで入力が完了するようになっています。(今回は+仮名キーで表示しています)

記号の入力方法

「()」を入力するには・・・「Shift」+「ゆ」と「Shift」+「よ」
「” "」を入力するには・・・「Shift」+「ふ」と「Shift」+「ふ」
「ふ」は同じキーを押しますが、入力フォーマット機能により前後が組み合わされます。

テンキーで入力
パソコンの計算では次のような記号を使います。
  ・ 「*」・・・・・掛け算
  ・ 「 /」・・・・・割り算
  ・ 「+」・・・・・足し算
  ・ 「-」・・・・・引き算
文字キーで入力
  ・    「*」・・・・・「Shift」+「け」
  ・ 「 /」・・・・・「Shift」+「め」
  ・ 「+」・・・・・「Shift」+「れ」
  ・ 「-」・・・・・「ほ」
  ・ 「=」・・・・・「Shift」+「ほ」

なお、句読点を入力するには「句点」は「る」「読点」は「ね」「・」は「め」を使用します。最後に「_」(アンダーバー)の入力は「Shift」+「る」を使用します。誰でもが知っているようですが以外とわからないものです。
今日も一日楽しく過ごせます様に・・・

Serene freestyle【2019最新冬版】ゲルクッション 大判 無重力クッション 腰楽クッション ビッグサイズ カバー2枚付き 恒温 超通気 体圧分散 妊娠中 産後回復 痔防止 姿勢矯正 持ち運び 自宅用 オフィス 車 椅子










-ワード
-, ,

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る