ウインドウズ

Windows、多少不都合情報は出ているが「May 2020 Update」(バージョン番号「2004」)を導入!




Windows10今年の大型アップデート「May 2020 Update」をノートPCに導入して見ました。多少不都合の報告が出ているのですが、自身にとってあまり重大な不都合ではないの強制的にここからダウンロードしてインストールしました。

「May 2020 Update」の新機能

今回は目立った新機能は少なく、従来の機能を強化することと不都合の修正をメインにしていますが、下記のような新機能と強化点があります。

 1.コルタナをOSから切り離しストアアプリとして独立
 2.日本語入力ソフトの強化
 3.「WSL 2」を正式搭載(windows上でリナックスを動かす
 4.ファイル検索用インデックス作成の見直し
 5.OSをクラウドからダウンロードして再セットアップ可能に

実際に数日間使用していますが、これといった不具合はありませんしブルースクリーンもありません。使い勝手も大きな変化があるわけでもないので、通常通りの快適さで推移しています。

ただ、まだまだ不都合情報が続いていますので、ご自分のPCにインストールするのはもう少し後にしたほうが良いでしょう。

Windows、「サンドボックス」はMay 2019 Updateの新機能!

今回のアップデートの中で注目すべき新機能は、ウィンドウズ10の中に仮想的なウィンドウズ環境を構築して、アプリ等のテストを ...

続きを見る

Windows 10 May 2019 Updateを実行してから数日!

Windows 10のアップデート「Windows 10 May 2019 Update(バージョン 1903、19H1 ...

続きを見る

Windows、アップデートの前に必ずバックアップを実行!

アップデートの前には必ずバックアップ。
ここ2週間位の間試用して居るのが、「AOMEI Backupper」というフリーソフトです。ほぼ初心者に近い自分が使用出来るくらいなので、誰にでも使いこなせるでしょう。特に個人の日常的な使用に関しては十分すぎる位の機能が備わっています。

続きを見る










-ウインドウズ
-,

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る