ウインドウズ

Windowsの機能で十分な空き容量を確保できない時は!




Windowsのアップデートを実行すると古いバージョンのコピーが数ギガ溜まることもありますし、ネットを見るだけでも不要なファイルが出てきます。

その多くの不要ファイル(作業用の一時ファイルなど)はHDDなどのストレージに溜まり、パソコンの動作を遅くする要因になっています。

以前の投稿で標準機能の「ストレージセンサー」について解説しましたが、この標準機能でも空き容量を確保できない時はフリーソフト「グレーリーユーティリティーズ」を使ってみましょう。

医薬部外品 エイチ メンズ 除毛クリーム 210g [ 陰部/VIO/アンダーヘア/ボディ 用 ]

同じパソコンで削除できる一時ファイルを比較すると、「グレーリーユーティリティーズ」を使うと2倍以上の効果が期待できます。

Glary Utilities

まずここから「グレーリーユーティリティーズ」をダウンロード・インストールします。最初は言語設定が違いますが、日本語に変更すると安心して使用できるでしょう。

「ワンクリックメンテナンス」の画面で「問題点をスキャン」をクリックすると削除出来る不要ファイルが一覧表示されますので、その画面の「問題点を修復」をクリックすると完了します。

特に、メンテナンスを実行した時にはその効果が表示されますし、どれだけ空き容量が増えるかも「一時ファイルクリーナー」欄に表示されます。

 

この操作では、不要なレジストリ(システム情報を記録したデータベース)も削除されますし、パソコン全体がスリム化するので、動作が高速になります。







-ウインドウズ
-, , ,

Copyright© 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る , 2019 All Rights Reserved.