エクセル

Excel、数百行の連番を正確に入力するには!




オートフィルはドラッグする操作が必要なので、あまり広範囲には向いていません。数百行を超える連番を入力するような場合には、ドラッグするのには無理があるために「連続データ」機能を使うと便利です。

「連続データ」機能

まず、連番を入力する最初のセルにデータを入力します。「ホーム」タブの「フィル」をクリックします。ここで、「連続データの作成」をクリックします。

「連続データ」画面が表示されますので、「範囲」の「列」をクリックし「停止値」に任意の数字を入力します。(今回は150)最後に「OK」を入力して終了します。

データの種類(日付)

これで、150番までの連番を入力することが出来ました。連続データは停止値を決めて正確に数を入力できるので、決まった数の連番を常に正確に入力できます。

最初に入力したデータが日付の場合には、「種類」に日付が選択され、「増加単位」を設定できます。日付の場合の「停止値」は「2020/11/30」の様に入力します。

Excel、シニアも作れる住所録「連続データの入力」!

シニアも作れる住所録。
昨日に引き続き、Exvelを使った住所録作成の基本的作業について少しだけ書き留めておきます。前回は住所の入力に「郵便番号」を使用する方法をメモしましたが、同じく「連続データの入力」については幾つかの方法があります。

続きを見る

Excel、つながっていないすべてのセルに同じデータを一斉入力するには!

複数のセルに同じデータを入力したいとき、一つのセルに入力してからコピーするよりもはるかに早い方法があります。それは、複数 ...

続きを見る

Excel、セル幅の調整を一瞬で終了するには!

入力したデータが長くてセルからはみ出してしまうときには、セル幅を調整しなければなりません。列の境界をドラッグしたり、数値 ...

続きを見る

[山善] 扇風機 スタンダード~アレクサ対応










-エクセル
-,

© 2021 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る