HTML&CSS

Webサイトが表示される基本的な仕組みを知る!




普段見ているWebサイトがどのようにできているか、どのような仕組みで表示されるているのかを調べて見ました。いつも何気なく見ているWebページが意外と難しい技術で出来上がっていることがわかります。
Rampow USB Type C 充電ケーブル【1m/二本組/保証付き】QuickCharge3.0対応 USB2.0 タイプc ケーブル Sony Xperia XZ/XZ2, Samsung Galaxy S9/S8/A3/A7/A9/C5/7pro/C9, Macbook Pro, Nexus 5X/6P, GoPro Hero 5/6 アンドロイド多機種対応 3A急速充電

Webページが表示される仕組み

ブラウザにURL(インターネット上の住所)を入力すると、該当するWebページを表示するリクエストが送られます。このリクエストに対して送り返されるデータがHTMLやCSSです。

ブラウザはこのデータを解釈してWebページとして表示します。このWebページの集合体をWebサイトといいます。この集まったWebページ同士をリンクさせてひとまとめのWebサイトが成り立っています。

HTMLとは

HTML(HyperText Markup Language ハイパーテキストマークアップランゲージ)はWebページの内容を書くための言語。HTMLを使って「見出し」や「段落」等の文書の構造を記述したり、他のページへのリンクを貼ります。

基本的には、1つのHTMLファイルが1つのWebページになりますので、HTMLがWebページの本体と言えるでしょう。

CSSとは

CSS(Cascading Style Sheets カスケーディングスタイルシート)はWebページの見た目を指定するための言語です。CSSでHTMLのWebページを装飾する役目をはたしています。わかり易いところでは、「文字の大きさ」「レイアウト」「カラー」などを指定します。

この様に調べてみると、複雑な技術を使用しながら作成されているWebページですがブログを書く身として今後は「HTML」と「CSS」の基礎くらいは学んでゆきたいと思います。







-HTML&CSS
-, ,

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る