ワード

Word、シニアが始める文書作成「入力の前に」!

投稿日:2017年12月15日 更新日:

おはようございます。路面が凍っていて、安心してウォーキングが出来なくなりましたが、昨日は病院の定期検診日、無理して30分ほど歩きました。今日はWordで文書作成を始める前にするべき事を少しだけメモしています。

文章の入力の前に、ページ全体の設定をしておくと安心して作業を進めることが出来ます。まず最初に用紙サイズを設定しておきます。通常はA4サイズの用紙が選択されていますが、自由に設定が可能です。

    

「用紙サイズを設定する」
Wordの「レイアウト」タブを選び、「サイズ」ボタンをクリックして表示されるメニューから文書の用紙サイズを選択します。この部分は使用用途に合わせて選択しましょう。メニューの中には多様な種類が表示されていますので、多くの使用内容に合わせられるでしょう。

「用紙の向きを設定する」
文章を入力してから向きを変えると、文書全体のレイアウトが崩れてしまいますので、入力前に設定しましょう。最初に「レイアウト」タブを選び「印刷の向き」ボタンをクリックして「縦」か「横」のいずれかお選択する。

500円でわかるワード2016 (Gakken Computer Mook)

「余白の設定」
「余白」ボタンをクリックすると、文章の上下左右の余白をちょうせいできます。まず、「レイアウト」タブを選び、「余白」ボタンをクリックして表示されるメニューで「標準」「狭い」「やや狭い」「広い」のパターンから選択します。これで完了しますが、余白設定を数値で詳細に設定したい場合は最下段にある「ユーザー設定の余白」で可能となります。

「文字の方向を設定する」
通常文字の方向は横書きですが、縦書きにしたい場合は変更が可能です。まず、「レイアウト」タブを選び、「文字列の方向」をクリックして表示されたメニューから選択が可能になっています。この様に文字を入力する前に必要な設定は変更しておくととても便利です。

これで全てではないのですが、この4つを覚えるだけでも十分にWordを使える様になります。あとは、失敗しても多くの文章を作成することで慣れてくるでしょう。
今日も1日楽しく過せます様に・・・

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ワード
-, ,

関連記事

Word、シニアが始める文書作成「入力の前に」Ⅱ!

Wordのおせっかい機能を解除。
文書のアルファベットを自動で大文字にしたり、勝手に箇条書きに変更したりするWordの機能が煩わしいと感じるのであれば、「オートコレクトのオプション」から解除することが出来ます。まず、リボンの「ファイル」をクリックし。「オプション」をクリックします。

ワード、図形の中に入力する文字数を増やすには!

おはようございます。今日はワードで図形を使った文書作成で図形内に文字入力する時に必要な「書式設定」の変更についてメモしています。

ワードで暑中見舞いの準備、シニアは「テンプレート」を活用!

おはようございます。3月2日まで吹き荒れた春の嵐が止んでひな祭りはホッとして過ごしました。今日はワードに沢山用意されている「テンプレート」(ひな形)についてメモしています。

スマホ、シニアはWordでPDFを開いて編集!

WordならPDFを開いて編集できる。
あまり知られていませんが、Word2013以降であれば起動してPDFファイルを選択して開くことが出来ます。ただし、必ずしもすべてのPDFファイルが正確に表示されるわけではなく、レイアウトが崩れたり、フォントが変わったりすることもあります。

ワード、「オプション」を変更シニアは自分仕様で文書作成!

おはようございます。今日は文書をストレスなく作成するために、ワードを使いやすくする「オプション」機能の設定方法についてメモしています。前回はエクセルの「自動バックアップ」時間の変更についてメモしました …