ワード

これだけで、Word文書作成!

投稿日:

パソコンを使っていると、メールやネットだけではなく文書作成や表計算を多く使うようになります。Word やExcelの使い方を最低限知るだけでも随分と今後のPCライフが変わって来るのではないでしょうか。

今日はWordで文書作成を始める前に、するべきことを少しだけ書いておきたいと思います。Wordを起動して白紙の文書をクリックすると文書作成が出来ますが、最初に用紙のサイズを決めましょう。初期設定はA4ですが、設定の方法を知っておきましょう。Wordのバージョンによっても多少違いますが、基本的には同じです。

 

用紙のサイズは後でも変更できますが、文字数・折り返しとの関係から最初に設定した方が印刷の時のイメージがしやすいのではないでしょうか。まず「ページレイアウト」--->「サイズ」をクリックしてこの中から用紙サイズを選択します。これで簡単に用紙サイズを決めることが出来ました。

用紙が決定すると、文字入力が出来ない余白が自動的に設定されますが、この部分も後から変更できますが、調整も大変なので最初から設定しておきます。まず「ページレイアウト」--->「余白」をクリックしてこの中から選択しますが、少し狭く設定すると良いでしょう。また、「ユーザー設定の余白」を使用すると各自が自由に決める事が出来ます。

     

あとは、文字の大きさ(フォントサイズ)、種類を決めると文書作成に取り組むことが出来るはずです。まず、「ホーム」--->フォント(通常MS明朝など)になっていますので、右の▼をクリックすると他のフォントも選ぶことができます。次にサイズですが(通常10くらい)になっていますが、ここでも右の▼をクリックすると出てくる各サイズを選択することで大きくできます。ここまでくると後は自由に文書作成に取り組んでください。

終了後に名前を付けて保存することを忘れない様にしましょう。







-ワード
-,

関連記事

スマホ、シニアはWordでPDFを開いて編集!

WordならPDFを開いて編集できる。
あまり知られていませんが、Word2013以降であれば起動してPDFファイルを選択して開くことが出来ます。ただし、必ずしもすべてのPDFファイルが正確に表示されるわけではなく、レイアウトが崩れたり、フォントが変わったりすることもあります。

ワード、格段の速さファンクションキーを入力に使う!

おはようございます。周辺の除雪が全て終了し、格段に道幅が広くなりました。毎年同じ時期に願うのは、これ以上雪が降らないことです。今日はワードのファンクションキーの活用についてメモしています。

Word、シニアが始める文書作成「入力の前に」Ⅱ!

Wordのおせっかい機能を解除。
文書のアルファベットを自動で大文字にしたり、勝手に箇条書きに変更したりするWordの機能が煩わしいと感じるのであれば、「オートコレクトのオプション」から解除することが出来ます。まず、リボンの「ファイル」をクリックし。「オプション」をクリックします。

Word、シニアが始める文書作成「入力の前に」!

文書作成「入力の前に」。
文章の入力の前に、ページ全体の設定をしておくと安心して作業を進めることが出来ます。まず最初に用紙サイズを設定しておきます。通常はA4サイズの用紙が選択されていますが、自由に設定が可能です。




PVアクセスランキング にほんブログ村




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。