ウインドウズ

Windows、マイクロソフト・オフィスを使わないでPDFを作成する!




Windows10では作成済みの文書をPDFに交換する機能が標準で準備されています。これにより他のソフトを使用しなくても、とても簡単にPDFファイルを作成することが可能になっています。

【進化版】APEMAN ドライブレコーダー 1080P Full HD 1200万画素 3.0インチ液晶 170度広角 G-センサー 常時録画 高速起動 WDR F1.8大口径 LED信号機対応ドラレコ 1年保証

Windous10の標準機能でPDF

ワードパッドや各種のテキストエディタなどで作成した文書をPDFに交換するファイルをことができます。この方法を使うとWordなどの高価なソフトが無くてもPDF文書などを作成することが可能です。

まず、ワードパットで作成したファイルを印刷の状態にします。印刷のダイアログが開きますので、「プリンターの選択」から「Mycrosoft Print to PDF」を選択して「印刷」ボタンをクリックします。

ここで「印刷結果を名前を付けて保存」ダイアログが表示されますので、「保存場所を指定」して、。「ファイル名を入力」し、「保存」ボタンをクリックします。これでPDFに交換されたファイルが保存されます。

これと同じ方法で、「ペイントで描いた絵」や「ブラウザで開いたホームページ」などの印刷可能なファイルを簡単にPDFに交換することが出来ます。

Windows10以外でPDF

また、Windows10以外はフリーソフトの「CubePDF」等を使ったり、「Googleドキュメント」を利用したりしてPDFファイルに交換することが可能になっています。

また、スマホやタブレットを使用するときはカメラで読み取ったものをPDFに交換するスキャンアプリ(アドビスキャン等)がたくさんありますので使用してみましょう。

スマホ、そもそもPDFってどんなもの?

おはようございます。今日はPDFファイルがもともとどの様なファイルなのかメモしています。 紙の書類をコンピュータで使える ...

続きを見る

ウィンドウズ、PDFを簡単にページ別に分解して保存!

おはようございます。毎年のことですが春は行きつ戻りつ、テレビに映る桜と窓際の雪を見比べる毎日です。今日は複数ページのPD ...

続きを見る







-ウインドウズ
-,

Copyright© 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る , 2019 All Rights Reserved.