ウインドウズ

Windows、シニアはスマホに合わせて動画をリサイズ!

2017年11月12日




おはようございます。昨日は、10℃以下の気温で一日中降り続く雨のために、外出すら出来ませんでした。この時期は積雪を目前にして沢山することがあるはずなのに。

今日はスマホでもタブレットでも「動画」を使える様にリサイズする「HandBrake」の日本語版についてメモしています。

動画のサイズを最適化してファイル容量を小さくする
スマホやタブレット等の端末で動画を再生する場合、画面より大きな解像度のものは自動的に縮小して表示される。

【進化版】APEMAN ドライブレコーダー 1080P Full HD 1200万画素 3.0インチ液晶 170度広角 G-センサー 常時録画 高速起動 WDR F1.8大口径 LED信号機対応ドラレコ 1年保証

再生自体に問題はないが、無駄に解像度が高くファイル容量が大きいものはスマホでは数多く持ち歩くことは出来ません。特にスマホのストレージ容量が気になるときは、「HandBrake」であらかじめスマホの画面に合わせた大きさにリサイズしておきましょう。

日本語版の「HandBrake」をここからダウンロードして、ファイルを右クリック管理者権限でインストールします。起動した画面から、「ツール」ーーー>「オプション」ーーー>「全般」、「デフォルトの保存先」の欄に任意の保存先を設定し動画をここに保存します。

次に「ソース」タブから動画を読み込んで再生する端末に合わせた「サイズ」の数値を調整します。「アスペクトを維持」にチェックをしておけば、動画の縦と横の比率は崩れることはありません。

あとは、交換した動画ファイルをスマホやタブレットに移動するだけですが、アンドロイドではUSB接続かマイクロSDカードにコピーして移動する方法が早くてベストではないでしょうか。

他の転送方法ではとても時間がかかるはずですので、できるだけ短時間で終了する方法を選択するようにしましょう。
今日も一日楽しく過せます様に・・・







-ウインドウズ
-, ,

Copyright© 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る , 2019 All Rights Reserved.