エクセル

Excel、セルの計算結果に数式と参照元を表示するには!




エクセルでデータ入力する時に、以前のファイルで使用したセル内の数式を確認したい場合が多くあります。そのような時には次のような操作方法を覚えておくととても便利なのではないでしょうか。

計算結果ではなく数式を表示する

表を作成してデータを入力しその計算結果をセルに表示しますが、その中で計算結果の代わりに生産結果を表す数式を表示するようにする方法は、まず「数式」タブをクリックし「数式の表示」をクリックします。これで、計算結果のセルに数式が表示されます。

数式が表示されるときには、セルの列幅は自動的に調整され拡大されますし、「数式の表示」を再度クリックすると計算結果の表示に戻り、列の幅は元に戻ります。

計算に関わっているセルを確認する

まず、数式が入力されているセルを選択し「数式」タブをクリックします。次に「参照元のトレース」をクリックするとトレース矢印が表示されますので、参照元がわかるようになります。

DIY・工具






-エクセル
-

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る