エクセル

エクセル、「3個のエラー値」と関数入力ルール!




おはようございます。以前の投稿記事で「5個のエラー値」についてメモしていますが、今回は「3個のエラー値」の対処法と関数の入力ルールについてメモしています。覚えておくと便利に活用できるかもしれません。

3個のエラー値

#NAME?(ネーム)
「=SAM(A1:B1)」のように、関数名を間違えたときに表示される。関数名を正しく修正する。

#NUM!(ナンバー)
「=DATE(211111,1,1)」のように、指定できる引数の範囲を超えている場合や、そのために関数の戻り値を返せない場合に表示される。正しい引数に修正する。

#N/A(ノー・アサイン)
統計情報や検索/行列関数などで、引数に指定した参照セルが間違っていたり、参照セルに適合するデータがない場合に表示される。引数や参照先のデータを確認する。

関数の入力ルール
*半角英数字で入力
*必ず「=」で始める
*関数は引数を必要とする(例外もあり)
*引数は「()」で囲む
*複数の引数は「,」で区切る
*書式の「[]」(大かっこ)で囲まれた引数は省略できる
*関数は計算結果として「戻り値」を返す
*関数の引数に関数を使うことができる

すべての内容を覚える必要はありませんが、少しだけでも覚えておくと良いかもしれません。
今日も一日楽しく過ごせます様に・・・

【Fire, Fire HD 8, Fire HD 10対応】Samsung microSDカード32GB EVOPlus Class10 UHS-I対応 Nintendo Switch 動作確認済 正規代理店保証品 MB-MC32GA/ECO







-エクセル
-,

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る