エクセル

エクセル、住所録作成に必要な「列幅」の自動調整!

投稿日:2018年3月10日 更新日:

おはようございます。住所録作成に使用する機能も、沢山メモしてきましたが今日は一番長い文字列に「列幅」を合わせる事が出来るように「列幅」の自動調整についてメモしています。これで住所が途中で切れたりすることがなくなりそうです。

「セル」に表示しきれない文字は、右隣の「セル」にデータが入力されていると、途中で欠けてしまいます。その場合は、すべての文字が見えるように列幅を広げましょう。文字数に合わせて列幅を広げることによってとても見やすくなります。

また、桁数の多い数値を入力した場合は「###」記号で表示されますがこれも列幅が不足している為に起こります。「列幅」の変更は「手動」のドラック操作(対象セルの右境界線をドラッグ)でも実行できますし、他の操作でも自動調整が可能になっています。

  

まず、手動で「列幅」を変更するには、列番号の境界線にマウスポインターを置き、ポインターの形が変わったらデータに合わせて左右にドラッグします。ここでは、ドラッグした分だけ「列幅」が変更されます。

また、「列幅」を変更したい列の列番号の右側境界線をダブルクリックすると、その列の一番長い文字列に合わせて「列幅」が自動調整されます。あらかじめ複数の列を選択している場合は、いずれかの列番号の境界線でダブルクリックすると、選択範囲全体の「列幅」を一気に自動調整することが出来ます。

500円でわかるエクセル2016 (Gakken Computer Mook)

とても良く使用する機能ですね。普段使用しなくても覚えておくととても便利ですよ。
今日も一日楽しく過せます様に・・・

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-エクセル
-, , ,

関連記事

Excel、シニアも覚えよう郵便番号を住所に変換!

住所録作成の時に郵便番号を住所に変換する。
普段から、何気なく使用しているExcelですが、人それぞれに使用する用途が違います。最近知り合いによく聞かれるのが、住所録を作成する時にいちいち住所を入力するのがとても大変なので何か良い方法はと言うことです。

Excel、シニアも作れる住所録「連続データの入力」!

シニアも作れる住所録。
昨日に引き続き、Exvelを使った住所録作成の基本的作業について少しだけ書き留めておきます。前回は住所の入力に「郵便番号」を使用する方法をメモしましたが、同じく「連続データの入力」については幾つかの方法があります。

Excel、シニアが住所録作成に必要なコピーと塗りつぶし!

「セル」をコピーする。
まず、「コピー」したい(コピー元)のセルを選択して、「ホーム」タブの「コピー」ボタンをクリックします。次に「貼り付け」したい(コピー先)のセルを選択して同じく「ホーム」タブの「貼り付け」をクリックします。

Excel、住所録でフォントと文字色の変更!

フォントと文字色の変更。
まず、フォントを変更するセルをクリックして選択します。続いて「ホーム」タブの「フォント」欄の「▼」ボタンをクリックし、メニューのフォント名にマウスを合わせて選択希望のフォントをクリックすると、フォントは変更されます。

Excel、住所録作成に必要な日付と時刻の簡単入力!

おはようございます。寒さの復活で、日中もー6℃が続いた日曜日。相変わらず少なめの雪が車の往来を活発にしています、今日はエクセルを使って住所録を作成する時に必ず必要な日付と時刻入力のショートカットキーを …