ウインドウズ

Windows、ライトモードとダークモードの切り替え!




Windows10では、タスクバーやスタートメニューといったシステム関連の画面や、各ソフトウエアー操作画面の色を変更することが可能になっています。「白」モードにすれば白く明るい色調になります。また、「黒」モードも用意されていますしユーザー自身が色の設定を選択することもできます。

ライトモード

まず、「設定」画面の「個人設定」→「色」で「色を選択する」で「白」を選択します。これでタスクバーやスタートメニュー、各ソフトウエアーの操作画面が白く明るい色調になります。

ダークモード

スマホでも最近はやりのダークモードをパソコンでも体感することができます。Windows10では「設定」画面の「個人設定」→「色」で「色を選択する」で「黒」を選択します。これでタスクバーやスタートメニュー、各ソフトウエアーの操作画面が黒く暗い色調になります。この設定を使用すると夜間に作業するときなどは眩しさを低減することが可能になります。

情報収集は「Googleアラート」を使って定期的に行う!

「Googleアラート」は、自分が知りたいと思っているニュースや、日頃からチェックしている事柄の最新情報などについて、新 ...

続きを見る

Windows、アプリのインストール先を変更する方法!

「Microsoft Store」からインストールするアプリは、初期設定ではCドライブにインストールされるようになってい ...

続きを見る

Windows、インストールされているアプリの「確認」とドライブの「移動」!

パソコンにインストールされているアプリを確認する事は簡単にできますし、すでにインストールされているアプリのドライブを変更 ...

続きを見る










-ウインドウズ
-,

© 2020 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る