スマホ

スマホ、通信容量を圧縮する軽いブラウザ「クローム」!

2017年11月8日




おはようございます。昨日は気温も高く穏やかな一日が続きました。近所の人たちもお天気に誘われて、道の落ち葉を拾い集めたり庭を掃除したりと大忙し。

何故か自分も負けじと落ち葉を拾い集めていました。今日はスマホでもパソコンでも今一番使われているブラウザー「クローム」の特徴と機能についてメモしています。

「クローム」の特色は通信量の圧縮機能
アンドロイドスマホの標準ブラウザーである「クローム」アプリには、自動で表示データを圧縮してくれる機能があります。

通信容量を圧縮するブラウザとして有名な「Opera」と同じように通信を軽量化出来る仕組みを持っていますので、より高速なブラウザーとして活躍しています。

ウェブサイトにアクセスする際、画像が多いサイトなどはデータ通信量がとても多く発生してしまいますが、この機能を使えばデータの圧縮と節約が可能になります。現代のブラウザーには必須の機能と言えるでしょう。

「設定」の方法ですが、まず、「クローム」ーーー>「設定」ーーー>「データセーバー」をタップして開き「オン」に切り替えます。

これで、データの圧縮機能が有効になり、重たいサイトにアクセスしても自動圧縮されてデータ通信量が少なくなります。

【進化版】APEMAN ドライブレコーダー 1080P Full HD 1200万画素 3.0インチ液晶 170度広角 G-センサー 常時録画 高速起動 WDR F1.8大口径 LED信号機対応ドラレコ 1年保証

この様な特徴が、スマホで使用するブラウザーには一番必要なことですが、出来ればパソコンのブラウザーも同じ「クローム」で使用履歴も自動で同期される事が使い勝手の向上に繋がるでしょう。

以前も「クローム」の特徴について投稿しましたが、起動が早い、ページの読み込みが早く拡張機能が便利、同期が様々な端末で可能、お気に入り等の引継ぎが簡単、アドレスバーで検索できる。シークレットモード等もシェアが伸びている要因でしょう。
今日も一日楽しく過せます様に・・・







-スマホ
-, ,

Copyright© 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る , 2019 All Rights Reserved.