LINE

スマホ、シニアも使うLINEの「Keep」!

投稿日:2017年8月22日 更新日:

おはようございます。気温19℃、道行く人は皆傘を拡げている今朝の道都ですが、今日は一日この状態が続きそうです。随分と伸びていた家の周りの雑草も、昨日のうちに綺麗に刈り取ってしまいましたので、心穏やかに外を眺めています。実にグットタイミング。 今日は昨日に引き続きLINE機能の一つ「Keep」についてメモしています。

「Keep」は、テキストや写真、動画などのファイルを保存しておけるクラウドストレージ機能(端末内ではなく、ネット上)で、LINEで受信したデータが保存の対象となりますが、「スマホ」内に保存してあるデータも「Keep」にストックすることができます。1GBまでのデータを無期限で保存できますが、ファイル容量が50MBを超えるものは保存期間が30日間に制限されるため、容量の大きいファイルの保存には注意が必要です。

「Keep」内を確認するのは、LINEの友だち一覧から自分のプロフィールを開いて「Keep」をタップする事でアクセスできます。またはその他タブの設定→プロフィールと進み、プロフィール設定画面で「Keep」をタップしてもアクセスが可能です。

 長押ししてここでタップ

「Keep」への保存は、LINEのトークから保存する方法と、「Keep」に直接アップロードする2つの方法があります。LINEのトークで受け取ったメッセージや写真などを保存するには、保存したいものを長押しして表示されるメニューから、「Keepに保存」をタップするだけです。

 +を押すと選択画面が出てきます

また、「Keep」の画面を表示し、上部にある+ボタンをタップすると、写真や動画、ファイルを選択するメニューが表示されるので、いずれかを選択します。「スマホ」のデータだけではなく、SDカードや他のストレージからアップロードすることも可能です。写真は、オリジナル画質のチェックを入れると、圧縮されずにオリジナルの画質で保存できます。

この様に、少しでも工夫をして「スマホ」の容量が足りなくならないように、動作が緩慢にならないように十分気をつけましょう。できることは自分で実行しましょう。
今日も1日楽しく過ごせます様に・・・







-LINE
-,

関連記事

スマホ、追加された「LINE送信取消機能」シニアにも賛否!

追加された「送信取消機能」。
12月13日のLINEアプリのアップデートで「送信取消機能」が公開されました。送り間違えてしまったメッセージやスタンプを、24時間までなら取消すことが出来ますが、メッセージを取り消すことができるのは最新バージョンのみとなります。

スマホ、シニアも「LINE」でノート機能を活用しよう!

「ノート」機能の活用。
「LINE」のグループでは、1対1のトークと同様にアルバムやノートを利用できます。グループメンバーで共有する日程などを相談したい時などは大いに活用すると良いでしょう。まず、「友達」画面で「グループ」をタップします。表示された画面から「ノート」をタップします。

LINE、特定の人にだけ投稿を公開する「公開リスト」!

おはようございます。昨日は降雪はありませんでしたが気温が低い一日が続いていました。全国的な寒波の襲来なので、じっと我慢の日々でしょうか。今日はLINE「公開リスト」についてメモしています。

スマホ、シニアは「LINE」でブロックされているか気になる!

自分がブロックされているか確かめたい。
基本的には確実にわかる方法はありませんが、推測する方法はあります。例えばメッセージを送ってもずっと既読にならない。そんな場合はもしかするとブロックされているかもしれません。推測する方法はいくつか有りますが、相手が持っていないような希少なスタンプをプレゼントしてみるのも一つの方法です。

雲

スマホ、「LINE」どれだけ話しても無料の音声通話!

「LINE」シニアのも可能な無料音声・ビデオ通話。
「LINE」の魅力はテキストやスタンプを使ったトークだけではありません。音声の無料通話やビデオ通話もたのしめます。異なるキャリア同士や、相手が海外にいる場合でも、「LINE」ユーザー同士であればいくら話してもタダです。




PVアクセスランキング にほんブログ村




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。