ワード

ワード、図形の中に入力する文字数を増やすには!

投稿日:2018年4月6日 更新日:

おはようございます。今日はワードで図形を使った文書作成で図形内に文字入力する時に必要な「書式設定」の変更についてメモしています。

見る人にわかりやすい文書を作成するのには、図形を入れるのは欠かせない事です。ワードでも様々な形状の図形を簡単に挿入することが出来ますが、初期設定では図形の色が青であったりと初期設定にはかなり問題があります。

この状態で図の中に文字を入力すると白抜きの文字になってしまいますし、入力できる文字数もかなり少なめです。これは、上下左右の余白設定が広めでさらに行間も広いために使い勝手が悪くなっています。

        

まず、一度挿入した図形の上で右クリックします。「スタイル」一覧を開き文字が読みやすい配色を選びます。(背景は白が一番無難でしょう)続いて「図形の書式設定」を開いて「テキストボックス」の上下左右の余白を全て「0」に設定します。

さらに、図形内のテキスト上で右クリックして「段落」の設定画面を開き、「行間」欄を「倍数」「間隔」欄を「0.8」前後に設定すると完成します。なお、ここで設定した図形を「既定の図形」として登録しておくと、他の図形を挿入した際にも同じ配色や文字配置のルールを流用することが出来ます。

Wavlink 4ポート ハブ 高速 5Gbps USB3.0 HUB バスパワー VL812チップ搭載 ケーブル 付き (ブラック)

「既定の図形」に登録するには、テキストが表示されていない図形部分を右クリックして、「既定の図形」を選択するだけで完了します。
今日も一日楽しく過せます様に・・・

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ワード
-, ,

関連記事

ワードで暑中見舞いの準備、シニアは「テンプレート」を活用!

おはようございます。3月2日まで吹き荒れた春の嵐が止んでひな祭りはホッとして過ごしました。今日はワードに沢山用意されている「テンプレート」(ひな形)についてメモしています。

Word、シニアが始める文書作成「入力の前に」Ⅱ!

Wordのおせっかい機能を解除。
文書のアルファベットを自動で大文字にしたり、勝手に箇条書きに変更したりするWordの機能が煩わしいと感じるのであれば、「オートコレクトのオプション」から解除することが出来ます。まず、リボンの「ファイル」をクリックし。「オプション」をクリックします。

ワード、「オプション」を変更シニアは自分仕様で文書作成!

おはようございます。今日は文書をストレスなく作成するために、ワードを使いやすくする「オプション」機能の設定方法についてメモしています。前回はエクセルの「自動バックアップ」時間の変更についてメモしました …

Word、シニアが始める文書作成「入力の前に」!

文書作成「入力の前に」。
文章の入力の前に、ページ全体の設定をしておくと安心して作業を進めることが出来ます。まず最初に用紙サイズを設定しておきます。通常はA4サイズの用紙が選択されていますが、自由に設定が可能です。

Word、シニアは「テキストボックス」を上手に活用!

おはようございます。午前中の暖かな日差しに間近な春の訪れを感じる今日この頃ですが、いつも使い慣れているワードやエクセルも少しでも使用しないとすぐに忘れてしまうシニア世代。今日はワードの「テキストボック …