ワード

ワード、シニアは自分仕様で文書作成Ⅱ!

投稿日:

おはようございます。窓から見える雪山は、日に日に小さくなってきています。今日はワードの「オプション」を使って2度目の設定変更をメモしています。自分仕様のワードが早く出来上がると嬉しいですね。

「オプション」の変更で波線や二重線を表示しない
ワードでは辞書にない単語や表記、表現上の問題などを見つけると該当部分に赤い波線や青の二重線を表示します。後ほど文章校正をするので入力中にはわざわざ表示する必要がない人は設定の変更をしましょう。確かに少し目障りかも知れません。

以前にもここで投稿しましたが、「オプション」画面から「文章校正」を選び、「例外」欄で「すべての新規文書」に設定して、その下にある2つの設定項目をオンにすれば良いでしょう。これで、以降新たに作成される文章では下線が表示されなくなります。

上記の内容は表示させたくない機能でしたが、それとは逆に常時表示させておくととても便利な機能もあります。その一つが編集記号です。初期設定では改行した時に現れる「段落記号」と図に付属する「アンカー」は表示されますが、これに加えて「タブ」と「スペース」を表示させると文字の配置が一目瞭然で分かりやすくなります。

編集記号を表示する
これも、「オプション」画面で「表示」を選び「タブ」と「スペース」にチェックを付けるだけでOKです。また「オプション」への入り方は前回のメモで書いています。

500円でわかるワード2016 (Gakken Computer Mook)

この様に少しだけ初期設定を変更するだけで、とても使いやすいワードになってくるでしょう。一度は試用してみると良いのではないでしょうか。
今日も一日楽しく過せます様に・・・

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ワード
-, ,

関連記事

Word、シニアは「テキストボックス」を上手に活用!

おはようございます。午前中の暖かな日差しに間近な春の訪れを感じる今日この頃ですが、いつも使い慣れているワードやエクセルも少しでも使用しないとすぐに忘れてしまうシニア世代。今日はワードの「テキストボック …

ワード、「オプション」を変更シニアは自分仕様で文書作成!

おはようございます。今日は文書をストレスなく作成するために、ワードを使いやすくする「オプション」機能の設定方法についてメモしています。前回はエクセルの「自動バックアップ」時間の変更についてメモしました …

ワード、格段の速さファンクションキーを入力に使う!

おはようございます。周辺の除雪が全て終了し、格段に道幅が広くなりました。毎年同じ時期に願うのは、これ以上雪が降らないことです。今日はワードのファンクションキーの活用についてメモしています。

Word、シニアが始める文書作成「入力の前に」!

文書作成「入力の前に」。
文章の入力の前に、ページ全体の設定をしておくと安心して作業を進めることが出来ます。まず最初に用紙サイズを設定しておきます。通常はA4サイズの用紙が選択されていますが、自由に設定が可能です。

スマホ、シニアはWordでPDFを開いて編集!

WordならPDFを開いて編集できる。
あまり知られていませんが、Word2013以降であれば起動してPDFファイルを選択して開くことが出来ます。ただし、必ずしもすべてのPDFファイルが正確に表示されるわけではなく、レイアウトが崩れたり、フォントが変わったりすることもあります。