ウインドウズ

Windows、マウスポインターの3つの小技!

投稿日:2017年9月22日 更新日:

おはようございます。昨日はお昼すぎから秋晴れの爽やかな気候になりました。心地よい秋風の中、30分程ウォーキングをする時間がありましたが、いつの間にか周囲の風景が変わってしまい、道端のりんごの木が沢山赤い実を付けています。今日はWindowsのマウスポインターについてメモしています。

デザインを変更する
マウスポインターは大きくすると、画面上でも見つけやすくなりますし、さらにポインターに影をつけるとより見やすくなります。最初に「マウスのプロパティ」画面で「ポインター」タブを開き、プルダウンメニューから好みのデザインを選択します。さらに「ポインターの影を有効にする」にチェックを入れると、さらに目立ちます。

マウスのプロパティ ここでは、様々に選択可能で影もOK

自動的に既定のボタン上に移動する
マウスを使って「OK」や「はい」ボタンをクリックする機会は多くありますが、いちいちポインターをボタンの位置まで移動させるのが面倒な時は、自動的に移動する設定にすると便利。まず、「マウスのプロパティ」画面で「ポインターオプション」タブにある「ポインターを自動的に既定のボタン上に移動する」にチェックをいれると良いでしょう。

マウスのプロパティ こんな設定も使うと便利

現在位置を見つけやすくする
文字入力をしていると、マウスポインターを見失ってしまうことが度々あります。そのような時には、「Ctrl」キーでポインターの位置を表示する機能がお薦めです。ここでは、「マウスのプロパティ」画面で「ポインターオプション」タブにある「Ctrlキーを押すとポインターの位置を表示する」にチェックを入れると設定は終了です。

いつも、マウスポインターを見失って探す人は、是非この設定を使ってみて下さい。以外と便利に使えるはずです。
今日も一日楽しく過せます様に・・・







-ウインドウズ
-,

関連記事

Windows、シニアも可能なデバイスドライバーの更新!

「Driver Booster」で簡単更新。
パソコンのハードウェア機能や周辺機器などは「デバイスドライバー」と呼ばれるプロヅラムによって制御されています。この「デバイスドライバー」はメーカーによって更新やバグ修正が随時行われていますが、自動で更新する機能は付いていません。OSのアップグレードで周辺機器が動かなくなると、自分で調べて確認する必要が出てきます。

Windows、パソコンだけ通信が遅い時はどうしたらいいの!

おはようございます。昨日は仕事始めの為か車の往来が激しく、通常の一日に戻りました。気温もやはり高めで少しだけお日様も顔を出していました。今日はWi-Fiの利用時にパソコンだけ通信が遅い現象についてメモ …

no image

Windows、シニアにも出来る個人情報の削除!

おはようございます。車の音も少なく静かな朝を迎えていますが、昨日の夕方からは盆踊りの音楽が、何処からともなく聞こえています。それぞれの町内会が毎年開催する公園での盆踊りが始まったのでしょう。 早いもの …

no image

Windowsを簡単設定では使わない!

午前中は20℃を超えて青空も拡がっていましたが、最近の天気予報はピンポイントで当たるようです。午後2時を過ぎて、ポツポツと雨が落ちてきました。まだ、本格的にはなりませんが、深夜から明日にかけてほぼ10 …

Windows、シニアがWi-Fiルータを買い換える前にすべき事!

Wi-Fiルータを買い換える前に。
これは電波の性質なので、どんな機器を導入してもこの症状は変わりません。買い換える前に自宅のルーターの設置場所を見直して見ることが大事ではないでしょうか。では電波干渉の例を少しだけあげておきましょう。




PVアクセスランキング にほんブログ村




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。