ウインドウズ

Windows、ドライブの空き容量を簡単に増やす!

投稿日:2017年9月14日 更新日:

おはようございます。昨日はあまり雨が降りませんでしたが、台風の影響は日本全国に大きな影響を与えているようです。すでに宮古島・沖縄周辺では暴風雨に包まれて被害も見られるようです。日本縦断ルートが表示されているテレビを眺めながら落ち着かない気持ちです。今日はWindowsの「ディスククリーンアップ」と「最適化」についてメモしています。

ドライブの不要ファイルを削除する
パソコンを毎日使用していると、一時ファイルとして様々なファイルが自動作成されます。これらのファイルは必ずしも保存が必要なファイルではありません。「ディスククリーンアップ」を実行すれば、これらのファイルを削除でき、空き容量を増やすことが出来ます。

 ここで削除が完了します

「エクスプローラ」を開き対象のドライブ(例:Cドライブ)を右クリックして表示画面から「プロパティ」をクリックします。ここから「ディスククリーンアップ」を選択します。ここで、表示された画面から削除したいファイル(実質全部選択しても大丈夫です)を選択して「OK」をクリックします。次に表示された画面で「ファイルの削除」をクリックすると「削除」が開始されます。

 最適化も忘れないように

ドライブのデフラグ「最適化」
この後に、「書き込み」と「削除」を繰り返したドライブは断片化が進んでいることが多いので、必ず最適化の作業を一緒にすることを忘れない様にしましょう。まず、「Cドライブのプロパティ」から「ツール」項目を開きデフラグ「最適化」をクリックします。表示された画面からCドライブを「最適化」すると終了します。

初めて「最適化」する時は多少時間がかかると思いますが、不要ファイルの削除と「最適化」を実施すると確実に動作が高速化されますので、活用してみると良いでしょう。
今日も一日楽しく過せます様に・・・







-ウインドウズ
-,

関連記事

圧縮ファイルに付けた「パスワード」を忘れた時は!

おはようございます。1月最終日も-4℃の気温が続いていましたが、あっという間に2月を迎える事となりました。今日は自分が保存用に圧縮したZIPファイルの「パスワード」を忘れてしまった時の対処法をメモして …

Windows、ショートカット3つの小技!

ショートカットアイコンを変更。
ショートカットのアイコンは好きな種類に変更できます。標準で用意されているものと、自分で用意したもの(ICO形式)を使用することが出来ますが、アイコン上にある矢印マークは消すことが出来ません。

Windows、ワードやエクセルのファイルを「PDF」に交換!

ワードやエクセルのファイルを「PDF」に交換。
文書を作ることが出来るワープロソフトの「ワード」や、数値を入力する表やグラフなどは表計算ソフトの「エクセル」で作成しますが、このワードやエクセルで作ったファイルは簡単にPDFに交換することが出来ます。

Windows、フォントの追加、削除、非表示の方法!

新しいフォントをインストールする。
文書や資料を見栄え良く作成するには、フォントの使い方がとても重要になります。ネットで配布されている新しいフォントを自分のパソコンにインストールするには、ダウンロードしたものを自分でインストールする必要があります。

Windows、フォーマットとファイルシステムを知る!

フォーマットとは。
「フォーマット」とはデータをすべて削除して、OSがファイルを管理できるようにするための基本情報を書き込む作業をいう。ディスクを初期化する時には「フォーマット」をする必要があります。




PVアクセスランキング にほんブログ村




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。