ウインドウズ

USBメモリーの寿命と消えてしまうファイルの原因!

投稿日:2018年1月29日 更新日:

おはようございます。昨日は、以外と穏やかな日曜日でした。とても便利にUSBメモリーを使用している人が沢山いるでしょうが、USBメモリーの「書き換え回数制限」を意識しているでしょうか。今日はこの事をメモしています。

USbメモリーに大切なファイルを保存している人は注意する様にしましょう。USBメモリーにも寿命があり、保存したデータを永久に残すことは出来ません。基本的に一般的(TLCタイプ)なUSBメモリーは「書き換え回数」が数千回しか出来ません。

市販の高級機(MLCタイプ)でも、1万回程度の「書き換え回数」ですが低価格のUSBメモリーにはほとんどこのタイプはありません。ただし、「書き換え回数」制限があるからと言ってすべてのUSBメモリーが壊れると言うことではありません。

Transcend USBメモリ 32GB USB 3.0 キャップ式 ブラック (無期限保証) TS32GJF750K

ただ、時々しか使わずに放置しているだけで、フラッシュメモリーの経年劣化によってファイルが消えてしまうこともあります。このために「製品の寿命は5年程度」と認識しておきましょう。

特にいつもUSBメモリーを使っている人は、中身を確認してバックアップをとっておきましょう。また、Windows10のパソコンでUSBメモリーに保存したファイルがWindows7で開いたら消えていたということも度々報告されます。

原因は、「ファイルシステム(NTFS)」バージョンの違いによるもので、2.0(W1n10と8.1)と1.1(Win7)が主な要因になりますので、出来れば4ギガ超のファイルを保存する時はexFAT形式にしておきたいものです。そうすることで、異なるOSのパソコンで共用してもデータを読めるようになります。

この様に、ファイルが消えてしまう原因はいくつかありますが、製品の耐用年数とフォーマットの形式を意識することで未然に防ぐことができます。あとは、バックアップの重要性を認識しましょう。
今日の一日楽しく過せます様に・・・

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-ウインドウズ
-,

関連記事

キジバト

Windows、ダウンロードファイルの「実行」と「保存」!

「実行」「開く」と「保存」。
「実行」とはダウンロードしたプログラムをダイレクトにインストールなどを実行することです。「開く」はダウンロードしたファイルをダイレクトに開くこと。「保存」はダウンロードしたファイルをいったんHDD等に保存すること。

Windows、ワードやエクセルのファイルを「PDF」に交換!

ワードやエクセルのファイルを「PDF」に交換。
文書を作ることが出来るワープロソフトの「ワード」や、数値を入力する表やグラフなどは表計算ソフトの「エクセル」で作成しますが、このワードやエクセルで作ったファイルは簡単にPDFに交換することが出来ます。

Windows、「管理者」と「標準ユーザー」の違いを知る!

Windows10には、「管理者」と「標準ユーザー」の2種類のアカウントがあります。主にアクセスの権限について大きな違いがあります。また、アカウントの変更も随時可能になっていますので、そのアクセス権限内容の違いを知っておきましょう。

Google Map、指定した距離とエリアの総面積を測る!

指定した距離とエリアの総面積を測る。
パソコン版のGoogleマップで距離の計測は簡単に計測できます。スタート起点となる場所で右クリックし、表示されるメニューから「距離を測定」を選択する。終点でクリックすると2点間の距離が表示されます。地点は2点以上指定することができるので複数地点間の距離も測ることが可能です。この機能を応用して、細かく地点を設定することで曲線の距離も測定できます。

Windows、シニアも可能なデバイスドライバーの更新!

「Driver Booster」で簡単更新。
パソコンのハードウェア機能や周辺機器などは「デバイスドライバー」と呼ばれるプロヅラムによって制御されています。この「デバイスドライバー」はメーカーによって更新やバグ修正が随時行われていますが、自動で更新する機能は付いていません。OSのアップグレードで周辺機器が動かなくなると、自分で調べて確認する必要が出てきます。