このエントリーをはてなブックマークに追加

ウインドウズ

Windows、「ストレージセンサー」で不要ファイルを削除!

投稿日:2018年5月21日 更新日:

おはようございます。やっと青空が戻ってきました。今日はWindowsの「ストレージセンサー」の使用方法をメモしています。空き容量を増やす必要に迫られている方は一度試してみるのも良いのではないでしょうか。

Windows10には、「ストレージセンサー」と言う機能があります。これは、ハードディスク内で不要と思われるファイルを自動的に削除する機能です。使われていないファイルやごみ箱に入りっぱなしのファイルを処理することが可能です。

この機能は数GB単位で溜まっていることもあるため、ハードディスクの空き容量が足りない場合にはとても効果的です。「設定」ーーー>「システム」ーー>「ストレージ」ーー>「ストレージセンサー」

ここの項目をオンにして、「空き容量を増やす設定を変更する」をクリックします。ここで次の画面(「空き容量を増やす設定を変更する」)が開きます。

ここでは、削除するファイルを選択することが出来ますが、各項目の設定には確認をしっかりと行い、必要なファイルが含まれないように注意しましょう。設定後に忘れてしまうとWindowsの不調の原因にもなりかねません。

また、この設定項目の最後には「今すぐ空き容量を増やす」と言う項目もありますので、容量不足で緊急対策が必要な時には、この項目を使用して空き容量を増やすようにしましょう。また、以前のバージョンのWindowsを削除することが出来るため、大容量の確保が可能となっています。

Reodoeer ヨガマット トレーニングマット エクササイズマット ゴムバンド 収納ケース付 厚さ10mm (ブルー)

すでに知っている事ばかりかもしれませんが、システムの機能を使った作業はシニアにも安心して実行できますので、機会のある時に試して見ましょう。
今日も一日楽しく過せます様に・・・







-ウインドウズ
-, ,

Copyright© 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る , 2018 All Rights Reserved.