月額129円からの「さくらのレンタルサーバ

エクセル

エクセル、住所録作成に必要な「複数セルの結合」!

更新日:

おはようございます。数回に分けて住所録作成に使う最低限のエクセル機能をメモしていますが、今回は「複数セルの結合」を取り上げています。タイトルを記述したり2列分の見出し行を作成したりする時にはとても便利です。

「セルの結合」機能を使うと、セルを複雑に組み合わせた表でもスッキリと見せることができます。セルを結合する作業は、特に難しいことではなく複数のセルを選択して、「セルを結合して中央揃え」ボタンを押すだけで完了します。

セルを結合するには、まず結合したい複数のセルを選択して「ホーム」タブの「セルを結合して中央揃え」ボタンをクリックします。これで複数セルが結合して一つの大きなセルになり、文字が中央揃えで表示される事になります。

ただ、文字の配置が中央以外にしたい時は、該当セルを右クリック「セルの書式設定」画面の「配置」タブで変更することが出来ます。この「セルの書式設定」の画面で「セルを結合する」をオフにすることも可能です。

500円でわかるエクセル2016 (Gakken Computer Mook)

また、「複数セルの結合」機能は縦方向や横方向いずれの方向にも可能であり、一つのシートの中に混在していても問題はありません。

特に行単位で結合するには、結合したい複数セルを選択して「ホーム」タブーーー>「セルを結合して中央揃え」ボタンーーー>「▼」から「横方向に結合」を選ぶと良いでしょう。
今日も一日楽しく過せます様に・・・







-エクセル
-,

Copyright© 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る , 2018 All Rights Reserved.