ファイルの保存先を変えよう!

今月は雨量が極端に少なく、過去50年間でも上位に入るほどの乾きが続いているようです。今日は若干雨模様、本降りには程遠く少し地面が湿っただけですが、庭の緑は息を吹き返したように緑が濃くなって来ています。周囲の緑が鮮やかになるとツツジのオレンジがなお一層引き立ちますね。

すでに八重桜の花は散り、周辺はピンクの絨毯を敷き詰めたような光景です。小学校の運動会も土曜日と迫りお天気の具合が心配されます。多分青空が顔を出す事でしょうが、気温が上がり過ぎないことを祈るしかありません。

「保存先の変更」
以前にも、Windowsの高速化についてメモをアップしましたが、毎日使用しているパソコンに蓄積されてゆくデータのほとんどが、既定の保存先をCドライブに設定されています。この保存先を変更することでCドライブの容量圧迫を防ぎ無理のない運用に心がけましょう。

特に最近は、ディスクトップパソコンよりもノートPCやタブレットPC等が主流となっておりCドライブの空き容量が重要性を増しています。画像を沢山保存する人、ミュージックを保存する人が増えきており、Cドライブの最大容量まで保存していると機器の動作に支障をきたします。

今現在自身で実施している方法は、すべてのデータ(word,excel,画像,曲)保存先をSDカードに変更しています。方法は、「設定」—->「システム」—->「ストレージ」—->「新しい保存先を変更する」ここまで来ると、保存先を変更することが出来ます。変更先のドライブを開くとCドライブと同じユーザーフォルダが作成されていますので、今後保存される時は新しい保存先になります。既存のファイルはCドライブに残っていますので、すべてのファイルを移すときは既存ファイルをコピーして使用しています。

今回私はSDカードを保存先に設定しましたが、常にエクスプローラに表示されるドライブを選択しなければ、アプリファイルを保存しようとするとエラーになりますので常設のドライブを選択をしましょう。この様に、ほんの少しだけ工夫をすることで快適なPCライフを送ることが出来ますので、ただ購入したまま使うのではなく、自分に合わせて少しでもカスタマイズすることがとても重要になります。