スマホ

スマホ、シニアも探せる紛失した「スマホ」!

投稿日:

おはようございます。7月中旬を過ぎても、暑かったり寒かったりの不順な気候が続いています。ここ数日は暑さも感じられず、先週のあの暑さが嘘の様です。自然に体がついていかないとは、本当にこのことですね。今朝も青空は見えませんが、少しだけ暑さが復活するようです。今日は「Androidデバイスマネージャー」を活用した端末探しをメモしています。

「Androidデバイスマネージャー」を利用すると、「スマホ」紛失したときでもパソコンを使って数メートルの誤差で端末の位置を特定できます。さらに、遠隔操作でデータを消去出来ますので、個人情報の流失も防げます。ただしこれには条件があり、端末の電源がオフになっていると機能しませんので注意が必要です。

              

まず、「スマホ」での設定ですが「設定」--->「Google」--->「セキュリティ」ーーー>「Androidデバイスマネージャー」ここで機能をオンにします。この画面にはデータをの消去に関する項目もありますので、必要な設定を済ませます。「スマホ」側での設定はこれで終了です。

パソコンで「スマホ」を探す時は、まず、ブラウザを起動してAndroidデバイスマネージャー(https://www.google.com/android/devicemanager)にアクセスして、「Googleアカウント」でログインします。ログインして登録端末を選択すると地図上に端末の位置が表示されます。パソコンの画面に「音を鳴らす」「ロック」「消去」と3つの選択肢が表示されます。

       この部分に地図が表示されています。

「音を鳴らす」では5分間大音量で着信音が鳴りますが、電源ボタンを押さなければ止まりません(マナーモードでも鳴ります)また「ロック」では、パスワードを設定して「ロック」をクリックすると、遠隔操作で端末を「ロック」できます。「消去」では端末のデータを消去できますので、大事なことは普段からバックアップを取って置きいつでも戻せる状態にしておくことではないでしょうか。

あってはならない「スマホ」の紛失ですが、もしもの時のためには事前の準備がとても重要になって来ますので、あなたもひと手間を惜しまず、備えておくことをお薦めします。備えあれば・・・ですね。
今日も一日楽しく過ごせます様に・・・







-スマホ
-,

関連記事

スマホ、シニアはプリント写真をアプリでデジタル化!

プリント写真をアプリでデジタル化。
机の中に眠っている多くの「プリント写真」を、スマホのカメラでスキャンしてアナログからデジタルへ交換出来る「フォトスキャン」というGoogleのアプリがとても便利です。このアプリでは光の反射を軽減したり、歪みを補正したりがすべて自動で出来ます。

スマホ、「Office Lens」で画像の文字をテキスト化!

「Office Lens」で画像の文字をテキスト化。
Microsoftがスマホに向けて無償で公開しているスキャナーアプリ「Office Lens」を使えば、スマホのカメラで撮影した画像はもちろん、撮影済みの画像を読み込んで、あらゆるものを電子文書化することができます。

no image

バックアップは、二重三重に!

今の年代には少しだけ肌寒い感じの午前中、曇り空と強めの風がなお一層体感温度を下げています。今シーズン初めての積丹半島釣行から一夜明け、足腰がガタガタかと思いきや今年は日頃のノルディックウォーキングで鍛 …

スマホ、シニアも「Kindle」で書籍の購入から読書まで!

「Kindle」で書籍の購入から読書まで。
「Kindle」は電子書籍の購入から読書までが出来てしまう人気のアプリです。無料で試し読みが出来たり、セール中の無料書籍も多く用意されているので、大いに活用しましょう。文字の大きさを変更したり、分からない単語を辞書で調べる事もできます。

no image

スマホ、余計な自動通信は止めてしまう!

おはようございます。朝から青空が続く日々の訪れは、もう少し先の様です。一面曇り空からのスタートではありますが、天気予報は23℃晴れ爽やかな初夏の一日となりそうです。でも、地面はまだ湿ったままで、道路横 …