スマホ

スマホ、シニアでも自分用に変更できる「ニュースアプリ」!

投稿日:

おはようございます。この時間気温が20℃一面の曇り空ですが、予報では青空の一日になりそうです。「スマホ」で使える「ニュースアプリ」はとても沢山ありますがどれも同じように見えます。しかし、使用してみると個人的には「設定」を自由に変更して登録チャンネルを入れ変えることが出来、チャンネル数が多い「SmartNews」がとても便利でした。

話題のニュースアプリ「SmartNews」の特徴は、自分自身が興味を持っているチャンネルを自由に配置できる点が優れています。オンラインでもオフラインでも記事を読む事が出来ますので、電波の届かない所でもニュースチェックが出来ます。また、ニュースの配信時間等の変更も出来ますので、カスタマイズ性が非常に優れています。

         

まず、チャンネルを追加するには、画面下部にある「見つける」をタップして、出てきた画面上部の検索ボックスでキーワードを入力し、検索結果からチャンネルを選択します。選択したチャンネル画面で「追加」をタップするとチャンネル登録され一覧に追加されます。また、チャンネルの並べ替えは、メニューボタンをタップすると出来る様になります。

また、「SmartNews」はオフラインでも快適にニュースを読めるSmartモードを搭載しています。電波の状態が悪い場所でニュースを読み込むことが出来なかった場合は、画面に出てくる「すぐ読む」をタップしましょう。最悪でも画像なしのテキストだけは表示されますので、後程改めて画像チェックをすることも出来ます。

幾つか、「設定」の変更についてメモしていますが、「スマホ」用のアプリはほとんどが視覚的、感覚的に操作できますので初心者でも簡単にわかると思います。いつも言うように、端末が壊れることはありません。自分にとって使いやすいアプリを見つけることが大変な苦労なのです。様々な情報源の中から取捨選択して、より使いやすいアプリを見つけ「スマホ」ライフを満喫しましょう。
今日も一日楽しく過ごせます様に・・・







-スマホ
-, ,

関連記事

スマホ、画面固定も自動回転もアプリ毎に自在設定!

アプリ毎に使いやすい画面の向きに。
たとえば、動画アプリは横向き固定、電子書籍アプリは縦向き固定など、アプリによって使いたい画面の向きは人によって異なります。しかし、そのたびに自動回転のオン/オフを切り替えるのは大変面倒なことです。

no image

スマホ、シニアもホーム画面にウィジェットを!

おはようございます。今日も真夏日が続くようですね。毎日々最高気温が更新されています。この暑さを喜んでいる人達のほうが圧倒的に多いので、豊かな夏になる事を期待しています。今日は「ホーム画面」に配置すると …

公園の紅葉

スマホ、シニアの「Twitter」事情「読むだけ」がほとんど!

シニアはTwitterを「読むだけ」で利用。
特に、シニア層では「読むだけ」の方が圧倒的に多いようです。原因は様々あるでしょうが、シニアには文字数を沢山入力したい方が多いようですので、自然と「読むだけ」になるようです。この状況は私も同じ状態ですが、情報収集にはとても便利に活用させてもらっています。

スマホ、シニアはWordでPDFを開いて編集!

WordならPDFを開いて編集できる。
あまり知られていませんが、Word2013以降であれば起動してPDFファイルを選択して開くことが出来ます。ただし、必ずしもすべてのPDFファイルが正確に表示されるわけではなく、レイアウトが崩れたり、フォントが変わったりすることもあります。

スマホ、シニアはカメラで撮って素早く翻訳!

Google翻訳のカメラで撮影した画像で翻訳。
本や書類を読んでいる時に時々出てくる外国語については、毎回検索するのは非常に手間がかかることです。「Google翻訳」アプリには、カメラで撮影した文字を翻訳する機能がありますので是非使って見ましょう。




PVアクセスランキング にほんブログ村




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。