スマホ、シニアが挑む「LINE」乗っ取り防止策!

おはようございます。8月も2日目、考えてみるとあっという間に8か月が過ぎて行き、今年ももう後半になって来ました。本当に一年は早いもので、お盆を過ぎると朝晩は特に肌寒くなりそうですね。今日は昨日に引き続き人気アプリ「LINE」を安全に使用する方法についてメモしています。

アカウント乗っ取りを防ぐ
人気アプリ「LINE」のアカウント乗っ取りを防ぐにはいくつか設定方法ががありますが簡単に出来る対策を載せておきます。まず1つは、「プライバシー管理」から「パスコードロック」の項目をオンにして「LINE」自体を4桁のパスコードでロックしてしまうことです。この設定をすると起動して表示するたびに4桁のパスワード入力を求められますが、自分に面倒な事は悪意を持った人にも面倒なものですので、相手が嫌がる設定をしておくと対象からは外れるでしょう。

         

次に、登録してあるメールアドレスとパスワードの登録を解除する事。これでほとんど、アカウントの乗っ取りを防ぐことが出来ます。まず「設定」ーーー>「アカウント」--->「メールアドレス」ここで、「メールアドレスの解除」項目をタップすると完了します。ついでに、「アカウント」の所で「ログイン許可」もオフにしておきましょう。これで登録してある「スマホ」以外からの利用をブロックできることです。これで他の端末から自分「LINE」アカウントでのログインは出来なくなります。

ほとんどこの2つを併用していると「LINE]アカウントの乗っ取りは防ぐことが出来ると思いますが何事にも完全はありません。常に他の機器からのログインがないか「LINE」からの通知を確認したいものです。何度も言うようですが、多少の手間を惜しまないことが肝心です。この様に多くの「設定」をオフにして「ID検索」をオフにしても親しい知人を仲間にすることは可能ですので、その時にはQRコードをメールで送るなどの方法が良いでしょう。
今日も一日楽しく過ごせます様に・・・