LINE

スマホ、シニアも使うLINEの「Keep」!

投稿日:2017年8月22日 更新日:

おはようございます。気温19℃、道行く人は皆傘を拡げている今朝の道都ですが、今日は一日この状態が続きそうです。随分と伸びていた家の周りの雑草も、昨日のうちに綺麗に刈り取ってしまいましたので、心穏やかに外を眺めています。実にグットタイミング。 今日は昨日に引き続きLINE機能の一つ「Keep」についてメモしています。

「Keep」は、テキストや写真、動画などのファイルを保存しておけるクラウドストレージ機能(端末内ではなく、ネット上)で、LINEで受信したデータが保存の対象となりますが、「スマホ」内に保存してあるデータも「Keep」にストックすることができます。1GBまでのデータを無期限で保存できますが、ファイル容量が50MBを超えるものは保存期間が30日間に制限されるため、容量の大きいファイルの保存には注意が必要です。

「Keep」内を確認するのは、LINEの友だち一覧から自分のプロフィールを開いて「Keep」をタップする事でアクセスできます。またはその他タブの設定→プロフィールと進み、プロフィール設定画面で「Keep」をタップしてもアクセスが可能です。

 長押ししてここでタップ

「Keep」への保存は、LINEのトークから保存する方法と、「Keep」に直接アップロードする2つの方法があります。LINEのトークで受け取ったメッセージや写真などを保存するには、保存したいものを長押しして表示されるメニューから、「Keepに保存」をタップするだけです。

 +を押すと選択画面が出てきます

また、「Keep」の画面を表示し、上部にある+ボタンをタップすると、写真や動画、ファイルを選択するメニューが表示されるので、いずれかを選択します。「スマホ」のデータだけではなく、SDカードや他のストレージからアップロードすることも可能です。写真は、オリジナル画質のチェックを入れると、圧縮されずにオリジナルの画質で保存できます。

この様に、少しでも工夫をして「スマホ」の容量が足りなくならないように、動作が緩慢にならないように十分気をつけましょう。できることは自分で実行しましょう。
今日も1日楽しく過ごせます様に・・・

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-LINE
-,

関連記事

スマホ、シニアも「LINE」でノート機能を活用しよう!

「ノート」機能の活用。
「LINE」のグループでは、1対1のトークと同様にアルバムやノートを利用できます。グループメンバーで共有する日程などを相談したい時などは大いに活用すると良いでしょう。まず、「友達」画面で「グループ」をタップします。表示された画面から「ノート」をタップします。

スマホ,シニアも覚えておきたいLINEの「連携」解除!

不要なアプリとの連携を解除。
LINEの関連アプリやゲームアプリは、その都度LINEと連動してメッセージを配信したり、バックグラウンドで通信をしたりしています。これらのアプリをアンインストールしても連動は継続するため、不要なアプリとの連動は解除しましょう。

no image

スマホ、シニアがLINEで守るべき5つの設定!

守るべき5つの設定。
初期設定時のアドレス帳送信はしない
「友だち自動追加」をオフ
「友だちへの追加を許可」は絶対にオフ
IDを設定している場合は「IDの検索を許可」をオフ
知らない人からのメッセージは「ブロック」

LINE、シニアも「イベント」機能を上手に活用しよう!

おはようございます。とても多くの人が使用しているLINEですが、なかには、全ての連絡事項と予定の管理をLINEでしている方もいるようです。今日はLINEの「イベント」機能についてメモしています。

海岸

スマホ、シニアも知ろう「LINE」「知り合いかも?」に表示される仕組み!

「知り合いかも?」に表示される仕組み。
ここで、表示される経緯を考えてみると、幾つかの理由が考えられるはずです。まず4つ考えられます。相手が自分の電話番号を知っていて、電話帳に登録したり、電話番号検索をしたりした場合。 相手が自分のIDを知っていて、ID検索をした場合。