LINE

スマホ、シニアは「LINE」でブロックされているか気になる!

投稿日:2017年11月24日 更新日:

おはようございます。昨日は一日中プラスの気温が続き、前日からの雨もあり雪ほとんど消えてしまいました。やはり11月中旬の積雪は根雪にはならないようですね。久々に視界から雪が消え少しだけホットしていますが、この次は確実に根雪になるでしょう。今日は「LINE」のブロックについてメモしています。

自分がブロックされているか確かめたい
基本的には確実にわかる方法はありませんが、推測する方法はあります。例えばメッセージを送ってもずっと既読にならない。そんな場合はもしかするとブロックされているかもしれません。推測する方法はいくつか有りますが、相手が持っていないような希少なスタンプをプレゼントしてみるのも一つの方法です。

スタンプを贈る際に「すでにこのスタンプは持っているためプレゼント出来ません」と表示されたら、ブロックされている可能性があります。ただし、実際に持っている可能性が有りますので絶対に確実とは言えません。

やはり、複数の手段(メッセージに既読がつかない、スタンプが贈れない、無料通話をかけてみも繋がらない等)を実行した後に推測するしか方法はありませんが、どうしてもメッセージを贈りたい場合は、共通の友達にブロックされた相手と自分を含んだグループを作ってもらい、このグループに投稿すると、ブロックされた相手にも通知が届きメッセージの内容をみることが出来ます。

ブロックは通知されない
また、友達をブロックした場合も相手に通知が届くわけではありませんので、相手に見える情報はほとんど変わりません。やはり本人に確かめるのが一番確実な方法ではなのでしょうが、なかなか難しいことですね。
今日も一日楽しく過せます様に・・・

2017年最新版 初めてでもできる超初心者のLINE入門

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-LINE
-, , ,

関連記事

スマホ、シニアがLINEで既読を付けない方法!

「機内モード」をタップして読む。
メッセージを受信後、トーク画面を開いた状態で画面上部を下方向にスワイプして「設定」から「機内モード」をタップしてから「トークルーム」を開いてメッセージを見ても既読はつきません。

公園の紅葉

スマホ、LINEトークの誤送信防止とショートカット作成!

LINEトークの誤送信を防ぐには。
メッセージを書いている途中なのに、「改行」を押して間違ってメッセージを送ってしまった事はないでしょうか。以外と多いかもしれませんね。そのような誤送信を防ぐためには、少しだけ「設定」を変更しましょう。

LINE、LINEアプリはスマホとPCの連携(同期)が必須!

おはようございます。昨日、新年2日目も穏やかに過ぎ、半日は箱根駅伝中継にテレビに釘付けでした。今日はLINEアプリのスマホとPCの連携についてメモしています。

LINE、シニアの「ステータスメッセージ」使用法!

「ステータスメッセージ」の設定。
「ステータスメッセージ」を設定するにはプロフィールの設定画面を表示して、「ステータスメッセージ」欄をタップします。表示されて画面でテキストなどを入力して「保存」をタップします。これで終了ですが、プロフィールの設定画面に戻り、「ステータスメッセージ」欄に先程入力した内容が表示されているか確認しましょう。

LINE、シニアも「イベント」機能を上手に活用しよう!

おはようございます。とても多くの人が使用しているLINEですが、なかには、全ての連絡事項と予定の管理をLINEでしている方もいるようです。今日はLINEの「イベント」機能についてメモしています。