LINE

スマホ、シニアがLINEで守るべき5つの設定!

投稿日:2017年8月23日 更新日:

おはようございます。昨日からの雨は止んでいます。気温は22℃かろうじて20℃を超えていますが、通勤する人たちの服装はもう真夏の様子ではありません。毎日々寒暖の差が激しく、自然との戦いは続いています。勝とうとは思いませんが、負けないように順応しよう。今日も連続でLINEを取り上げて、守るべき5つの設定をメモしています。

  • 初期設定時のアドレス帳送信はしない
  • 「友だち自動追加」をオフ
  • 「友だちへの追加を許可」は絶対にオフ
  • IDを設定している場合は「IDの検索を許可」をオフ
  • 知らない人からのメッセージは「ブロック」

LINEは親しい人とのコミュニケーションツール
LINEはあくまで親しい友人、実際に会ったことのある人とコミュニケーションするためのツールです。簡単にLINEのIDを公開してしまう人がいますが、一般公開はトラブルの原因となりますので、決してしないように。

LINEのIDは、携帯の電話番号やメールアドレスと同じと考えて、公開せずに親しい友人だけに知らせるように気をつけましょう。特にスマートフォンを使い始めたばかりのシニアの人はぜひ守るようにしましょう。

知らない人、連絡を取りたくない人がいる場合は「ブロック」しよう。ブロックすると、相手からのメッセージや電話を遮断できる。相手にブロックしたことは伝わらないので、問題は起きることはありません。

 友だちを長押し表示の中に「ブロック」

ブロックするには、アンドロイドの場合は、友だち一覧で友だちを長押しすると「ブロック」のメニューが出てくるのでタップします。また、元に戻したい場合は「設定」→「プライバシー管理」のブロックリストから解除出来ます。

「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」の設定については以前のメモに書いていますので、今回メモした5つの設定項目をしっかりと守り安全で効果的な使い方をしましょう。私も基本的に自分自身が会ったことのない人とはSNS等では繋がらない様にしていますし、特にLINEは家族だけのグループで使用しています。

最初にも記載しましたが、LINEはあくまで親しい友人、実際に会ったことのある人とコミュニケーションするためのツールという事を忘れずに。ここを守ると詐欺行為に会うことはありません。
今日も一日楽しく過ごせます様に・・・

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-LINE
-, ,

関連記事

雲

スマホ、「LINE」どれだけ話しても無料の音声通話!

「LINE」シニアのも可能な無料音声・ビデオ通話。
「LINE」の魅力はテキストやスタンプを使ったトークだけではありません。音声の無料通話やビデオ通話もたのしめます。異なるキャリア同士や、相手が海外にいる場合でも、「LINE」ユーザー同士であればいくら話してもタダです。

LINE、シニアの「ステータスメッセージ」使用法!

「ステータスメッセージ」の設定。
「ステータスメッセージ」を設定するにはプロフィールの設定画面を表示して、「ステータスメッセージ」欄をタップします。表示されて画面でテキストなどを入力して「保存」をタップします。これで終了ですが、プロフィールの設定画面に戻り、「ステータスメッセージ」欄に先程入力した内容が表示されているか確認しましょう。

スマホ,シニアも覚えておきたいLINEの「連携」解除!

不要なアプリとの連携を解除。
LINEの関連アプリやゲームアプリは、その都度LINEと連動してメッセージを配信したり、バックグラウンドで通信をしたりしています。これらのアプリをアンインストールしても連動は継続するため、不要なアプリとの連動は解除しましょう。

LINE、「Keep」にストックした写真をトークやSNSに投稿する!

おはようございます。毎日の投稿記事の中で一番関心が高いのがLINEについての記事ですが、特に「Keep」の機能とバックアップ方法についての関心は群を抜いています。今日は「Keep」にストックしてあるフ …

no image

スマホ、シニアも使うLINEの「Keep」!

「Keep」は、テキストや写真、動画などのファイルを保存しておけるクラウドストレージ機能(端末内ではなく、ネット上)で、LINEで受信したデータが保存の対象となりますが、「スマホ」内に保存してあるデータも「Keep」にストックすることができます。1GBまでのデータを無期限で保存できますが、ファイル容量が50MBを超えるものは保存期間が30日間に制限されるため、容量の大きいファイルの保存には注意が必要です。