スマホ、シニアも分かる「リツイート」と「引用ツイート」!

おはようございます。昨日は、一日薄曇りでしたがとても気温が低く、足元はガリガリに凍っていました。ー3℃が続く中、路面のデコボコ振動が直接響いてきます。今日は「Twitter」の「リツイート」と「引用ツイート」についてメモしてします。

「リツイート」と「引用ツイート」
ツイートとは、「Twitter」で、書き込み(メッセージ)を投稿すること、および、投稿されたメッセージのことですが、他のユーザーのツイートを自分のタイムラインに再投稿することを、「リツイート(RT)」といいます。

また、その他に「引用ツイート」というものも有りますので、その違いを十分に確認しましょう。「リツイート」は他のユーザーのツイートをそのまま投稿することですが、「引用ツイート」は他のユーザーのツイートに自分のコメントを追記した上で再投稿する事を言います。

 該当ツイートでこのアイコンをタップします 

「リツイート」の方法は、自身の「Twitter」のタイムラインを表示して転載したいツイートの上記アイコンをタップして、表示されたポップアップから「リツイート」をタップします。アイコンの表示が変わりリツイートの回数を示す数字が表示されます。

「引用ツイート」の方法は、「リツイート」と同じように引用したいツイートの上記アイコンをタップして、表示されたポップアップから引用ツイートをタップします。ここで表示画面から「ツイート」をタップしてコメントを入力します。コメント入力が完了すると、自分のツイート内に引用したツイートが表示されており、タイムラインに再投稿されています。

現在は140文字の文字数制限が拡大されています。ただ、日本語のツイートに関してはは未だに文字数制限の変更が適用されていませんが、若干の字数オーバーは可能なようです。
今日も一日楽しく過せます様に・・・

今すぐ使えるかんたんmini Twitter ツイッター 基本&便利技[改訂4版]