スマホ、シニアも「SNS」で「ハッシュタグ」を使いこなせる!

庭の雪

おはようございます。カーテンを開けると小さな庭は一面真っ白。今日一日は持たないで溶けてしまうでしょうが、いつもの厳しい季節が始まりました。今日はほとんどすべての「SNS」で使用可能な「ハッシュタグ」についてメモしています。

「ハッシュタグ」を使いこなす
「#」から始まる「ハッシュタグ」を付けて投稿すると、同じ「ハッシュタグ」が付いた投稿をまとめて見ることが出来ます。「ハッシュタグ」とは、Twitterを中心としたSNS(Facebook,LINE,Instagram,Google+等)で、投稿内のタグとして使われるハッシュマーク「#」(半角のシャープ)」がついたキーワードのことです。

ハッシュタグ    ハッシュタグ

この「ハッシュタグ」は投稿文の末尾に「半角スペース+#+キーワード」を入力して投稿することで、以後ここをタップすることで、同じ「ハッシュタグ」の付いた投稿の一覧を表示することが出来ますし、タイムラインの検索から「#キーワード」で、今人気の投稿一覧も表示されます。

「ハッシュタグ」を使うメリットとしては、誰かが「ハッシュタグ」で検索することで、自分の投稿を見てもらえる機会が増える事が一番ではないでしょうか。「ハッシュタグ」を作るのに特別な申請や登録などは一切必要ありませんので、「#」+キーワードを入力し、前後にスペースをあければ、システム側が自動的にハッシュタグと認識します。

さらに、「ハッシュタグ」は投稿に1個だけでなく、スペースで区切って2個、3個と複数付けることも可能です。ただ「ハッシュタグ」をできるだけ増やせばいいか、というとそうではありません。付け過ぎはスパム扱いを受けてしまう可能性もありますので注意しましょう。

ポイントは、投稿の内容に沿ったワードを選ぶこと。ひとつの投稿にハッシュタグは多くても2~3個程度とすること。長すぎるハッシュタグは使わない事等、あとはツイッターなどのSNSで検索してみて、どういう投稿に使われているのかを十分にチェックすると良いでしょう。有効活用すると活動の幅が拡がります。
今日も一日楽しく過せます様に・・・

今からササッとはじめる LINE / Twitter / Instagram / Facebook