今になって感じるデコボコ路面!

今日の天気予報は曇り、でも青空が覗いています。爽やかな五月の風が心地よく外に出るとどこまででも歩けそうです。ポールを使って歩くこと少しは慣れてきたようで5000歩はあっという間に達成できるようになりました。でも歩数目標を上げるのはもう少し先に延します。

最近特に感じることです。30代に朝ランニングをしたり、40代にウォーキングをしていた時には思わなかったのですが、歩道路面のデコボコがとても気になります。気になるというよりも、路面の状態が直接体に感じるようになってきました。

幼いころは、今のように舗装道路などなく砂利道がほとんどのデコボコ道でしたが、あまり不便を感じませんでしたし、30代、40代でも感じなかったことが・・・・
自分自身の運動機能(足腰)の低下が大きな要因となっていることは明らかです。特に心臓疾患で入院、退院後から身近に感じられるようになりました。

人間不思議なもので、自分自身の身に影響が出てくると関心が出てきますが、それまではなぜか路面の状況にまで意識が向いていませんでした。よく、高齢者の方から歩きにくいというお話を伺ってはいましたが、気にも留めていませんでいた。やはり何事も自分自身の身に置き換えて考えなければいけませんね。初めてわかる事ばかり。大いに反省!

今後は、自分が出来ることは家族や周囲のせいにしないで、どんどん挑戦して行かなければ。自らが物事に挑戦しなければ先へは進めません。第一歩を踏み出すのは自分自身しか出来ないですし、行動に移した瞬間から見えてくる景色は必ず変わるはずです。何事にも視座・視点がとても大切になって来ます。

青空が大きく広がって来ました。庭の八重桜もほぼ満開となり、チューリップも赤色と黄色が咲き、つがいのモンシロチョウで飛び回っています。もう、しばらくはこの桜のピンクと緑のコントラストを楽しめそうです。季節はまさに白一色の世界からフルカラーの世界へと移り変わっています

今日は、もう5000歩位歩けそうな感じです。でも欲張らない・・・