月額129円からの「さくらのレンタルサーバ

ウインドウズ

Windowsを簡単設定では使わない!

投稿日:2017年5月26日 更新日:

午前中は20℃を超えて青空も拡がっていましたが、最近の天気予報はピンポイントで当たるようです。午後2時を過ぎて、ポツポツと雨が落ちてきました。まだ、本格的にはなりませんが、深夜から明日にかけてほぼ100%の降雨になるようです。小学校の運動会もはやばやと日曜日に延期になりました。

以前に、windows10のセキュリティについて投稿しましたが、さらにもう一つ「プライバシー設定」の見直しをすることで、余計な情報をマイクロソフトに送信しないようにしましょう。簡単設定でwindowsを使用できるように設定した人は見直しが必要でしょう。私が今現在設定を見直した箇所を幾つかメモしておきます。

まず、スタートの「設定」から「プライバシー」を選択します。ここには「プライバシー」関するすべての項目が集まっています。私はパソコンで電話を使いませんので「通話履歴」は全て「オフ」にしています。「フィードバックと診断」は「基本」に設定し診断データの使用は「オフ」頻度は「しない」「アプリ診断」を「オフ」にしています。

「全般」項目は全て「オフ」「連絡先」項目もメール等最小限使用するものに限定しています。次に、「カメラ」項目ですがここは安全のためにも「オフ」にしておくとカメラの外部からの遠隔操作を防ぐことが出来ます。ただし、ビデオチャットを使用する方は「オン」が必要です。細かくアプリごとに設定が出来ますので、自身の使用環境に合わせて設定しましょう。

「位置情報」項目」はマップだけで十分なので、他のアプリでは外していますし、「バックグラウンドアプリ」項目は起動していない間もバックグラウンド(裏)で動いていますので、個別に最低限使用するものに限定しましょう。特にバックグラウンドで動いているアプリの数が多いとパソコンが重たくなる一番の原因になります。

windowsアップデートが実施されると「プライバシー設定」が変更になりますので、もう一度自分の設定を見直してみましょう。今回は私の設定をメモしましたが基本的には全て「オフ」から出発して、エラーメッセージが表示された時に、必要に応じて「オン」にしても遅くはありません。最初の簡単設定はもう一度見直して、むやみに個人データが送信されない様にしましょう。

少しの手間で、情報漏れを事前に防ぐことが出来ます。いつの間にか自分のPC情報がマイクロソフトに送信されているのは、気持ちのいい事ではありません。







-ウインドウズ
-, ,

Copyright© 自己流のパソコン、スマホとシニアの日常を綴る , 2018 All Rights Reserved.